僕の師匠兼父である西欽也は、


★イイカゲン
★テキトー
★ノーテンキ


な性格です。


そんな人となりを反映してか、
はたまた運の世界を直感的に捉えてのことなのか、


『流れに任せる』
『成り行きを大切にする』
『自然に逆らわない』


という台詞を公私関係なく、しばしば口にします。


今でも忘れない場面があって。


僕が西企画に入社してすぐ、
会社の理念や事業計画、経営方針は何か、
会議の場で確認(質問)をしたとき。


『そんなものはない』
『成り行きが大切』
『なるようにしかならない』


と胸を張って返答されました。


当時はあきれたし、納得できなかったし、
反発もしたのですが、今は違います。


それが西企画です。


当然、僕の鑑定の基本軸も、それです。


僕は、運を良くするための具体策として、
分不相応で無理のある強引さを嫌います。


正解や正論や正義を突き通す強さは、
ときに摩擦や衝突へと繋がり、
そこでの消耗が悪い運を呼ぶからです。


大げさな話、自然な成り行きの中でならば、
不正解を選び、間違えることさえ吉とします。


運の世界において、自然の流れを重視し、
成り行きに身を任せる暮らしとは、
一切の計画を持たず、
場当たり的に過ごすことではありません。


何でもありの無軌道な不規則性は、
むしろ流れや成り行きと対極にある、


『混沌』


と呼ばれるものです。


乱れた流れに身を任せるのは危険です。
流れが乱れていると、摩擦や衝突も増えます。


だから、成り行きを重視するにあたって計画は不可欠。
基本軸があってこその自由です。


自然の流れに逆らわず、
運の成り行きに従って、
無理なく未来を目指すためには、


★自分の望みと流れの親和性
★その流れや成り行きの向かう方
★その先にあるだろう世界


を、ある程度まで想像・把握する必要があります。


考えなしに、されるがままでいては上手く行きません。


その方向性を見定め、
見失わないように生きる意識みたいなものが、
どうしても必要になってきます。


そこで活用するのが、こよみです@西企画。
こよみを指針にすれば、最低限の軸は定まります。
あとは、成り行き任せです。


人は基本的に、強固な意志を持たず、
色々忘れたり見失ったりしながら、
無意識の選択を積み重ね、
運を創っていくものだと考えられます。


常に成り行きや流れの先にあるものを、
明確に意識しながら生きるのは難しいです。


そんなとき、こよみ(スケジュール帳)というのが便利。


そこには最低限の軸となる、
節目や吉凶が掲載されています。


どれも客観的な視点の支えです。


それがあるからこそ、西企画は、


『成り行きが大事!』


と胸を張ってご提案することができます。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★千代田講座2017 ーこよみよみ&PLUS&新春開運講座ー

2017年も毎月第4土曜日は千代田の日!
年間スケジュールをエントリーしました。

お申し込みとお問い合わせは上記のリンクから☆

★体と心の癒し&デトックス『木火土金水』

東京での大人の運の調律イベント。
忙しい日常を健やかに乗りこなすために。

次回は2017年4月2日(日)の予定です☆

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


《西企画の日常:ナマ醤油》

お醤油をいただきました。

火入れをしていない、という、
手作りのお醤油。
素材も吟味してあって、とのこと。

先日の甲子の日に、
ありがたく開封いたしました。

ナマ醤油

少し調べたのですが、
お醤油というのは、製法によって、
ざっくり3つに大別できるとのこと。

1.生醤油(きじょうゆ):火入れ&濾過
2.生醤油(なまじょうゆ):濾過のみ
3.生揚醤油(きあげしょうゆ):火入れも濾過もなし

いただいたナマ醤油は、
濾過のみで発酵を抑制するもの。

お刺身がなかったので、
最初はぶっかけうどんでいただきました。

ぶっかけ

2016年は手作りが吉だった年。
そして2017年は液体調味料が吉となる年。

素晴らしい贈り物、ありがとうございました。