方位

方位学を意識し仕事や生活をする場合。


凶方位はそれほど恐れる必要がないです。


吉方位へ“も”行くことができるならば、
それでちゃんと対処になります。


凶方位だからという理由だけで、
貴重な機会や大切な縁を、
放棄してしまう方が凶です。


不用意に凶方位へ行くのは、
もちろんお勧めできません。


それが大凶方位ならば、
なるべく避けるのが基本です。


けれど、必要なら凶方位へ行く。
ただし対処する。
それで運が整います。


なんていう風に、凶を必要以上に恐れず、
冷静に対処する余裕を持つことができるのは、
おそらく、僕にある程度の専門的な知識と、
そこそこの経験があるからなのでしょう。


てことは、


『ある程度』


の専門的知識を知ることができれば、
それを根拠に、多くの人は、
余計な不安を持たずに済むはずです。


というわけで。


以下に注意すべき方位の悪影響を。


世の中には、様々な、
大凶方位と呼ばれる方位があります。


その全てを厳格に意識すると、
数え切れないほど多くの、
厳しい制約が生まれます。


西企画では、


『上から5番目くらいまで注意できれば十分』


とし、これを五大凶殺方位と分類します。


そして、それ以外にもある、
様々な大凶方位に対しては、
上手に折り合いを見つけながら、
神経質にならず受け入れていくのが、
最も無理の無い生き方だと考えます。


どんな大凶方位も、


『運が悪くなる』


という点においてゴールは同じ。
そこに大差はありません。


けれど、凶に到る道は、
様々な異なる特性があって。


例えば下記のような感じで。

★五大凶殺方位

五黄殺:じわじわ腐るような悪循環に巻き込まれる
暗剣殺:突発的な予想外の衝撃で被害を受ける
歳破:努力が報われず達成の間際で崩壊する
本命殺:自分らしさの喪失や持病の悪化で落ち込む
本命的殺:生業の不調を契機に生きる気力を失う


などなど。


様々な悪影響がありますが、
どれも結局は同じで、


『運が悪くなる』


というのが大凶方位のリスクです。


繰り返しますが、
他にも大凶方位はあります。


専門家の中には、
上記に挙げた五大凶殺方位より、
もっと注意すべき凶方位が他にある、
と考える方もいるでしょう。


それらを全て数え上げたらきりがないので、
弊社においては5つに絞っているだけです。


そこで最も大切なのは、
考え方の違いではなく、
知った知識の運用の仕方。


どんな大凶方位も、なるべく避けて吉。


そして、その全てを、
神経質に苦にするのも避けて吉。


その上で、止むを得ず冒した場合は、
吉方位へ“も”行くことで対処を。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★千代田講座2017 ーこよみよみ&PLUS&新春開運講座ー

2017年も毎月第4土曜日は千代田の日!
年間スケジュールをエントリーしました。

お申し込みとお問い合わせは上記のリンクから☆

★体と心の癒し&デトックス『木火土金水』

東京での大人の運の調律イベント。
忙しい日常を健やかに乗りこなすために。

次回は2017年4月2日(日)の予定です☆

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


《西企画の日常:手作りの幸運》

いただきものの、蕗味噌と沢庵。

蕗味噌と沢庵

どちらも手作り。

これだけで、ご飯3杯いげます。

いっちゃダメだけれど。

蕗の香りで、体が起きます。

旬のエネルギー補給。

本当にありがたいです。