弊社のこよみにおいて、ラッキーフードの監修をお願いしている、
小山オーナーシェフが営むお店です。

小山さんは、僕にとって食の師匠であり、
COーJIROは富岡におけるパワースポットです。

COーJIRO
01.COーJIRO

このブログで最も登場回数の多いお店です。

★富岡酒卓 CO−JIRO(コジロー)

住所:群馬県富岡市富岡1041
電話:0274-64-5035
営業:ランチ12:00〜14:30(L.O.14:00)
   土日は12:00〜15:30(L.O.15:00)
   ディナー火〜日17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休:月、第4火曜日
駐車:なし(近くのパーキングを利用)

※パーキング利用の場合、駐車券提示でノンアルビールやソフトドリンクのサービスあり

★富岡製糸場近くで飲食店コジロウを営むしょうちゃん、なたりの日記
フェイスブックページ


過去のCO−JIROレポートは以下に。

★2016年8月のCOーJIRO(ディナーコース)
★2014年8月のCOーJIRO(ディナー)
★2014年5月のCOーJIRO(コース)
★2013年10月のCOーJIRO(ディナー)
★2012年1月のCOーJIRO(ランチ)
★2011年7月のCO−JIRO(ランチ)
★2011年8月のCO−JIRO(ディナー)

富岡製糸場は歩いて5分くらいのところにあります。



オーナーシェフは、2016年度にソムリエ資格を取得。
以前からお店には選りすぐりのワインが揃っていましたが、
今後はますます、お料理とのマリアージュが楽しみです。

02.ソムリエ資格取得!

こちらが、初めて見たソムリエバッチ。
シリアルナンバー付きの非売品。
金色に輝いています。

07.黄金のソムリエバッチ

今回は、ランチとディナー、それぞれ別の日に行ったレポートを。


この日のランチメニューは、

A:赤城鶏の竜田揚げ
B:上州豚と地元野菜の生姜炒め

どちらも、お新香や小鉢、お味噌汁が付いて1,050円。

03.ランチメニュー

こちらが、みんな大好き、赤城鶏の竜田揚げ。
トッピングされたお野菜も鮮やか。
香ばしい香りと食感に食欲が奮い立ちます。

05.赤城鶏

次に、上州豚と地元野菜の生姜炒め。
他のテーブルの男性は、生姜炒め率が高かったような。
実際に、ボリュームがあり、ご飯のおかずにぴったり。

このまま米に乗せて丼にしてしまいたいくらい。

04.上州豚

CO−JIROランチの素晴らしさは、
メインのお皿が美味しいのは当然として、

・自家製のお漬物
・手の込んだ手作り小鉢
・丁寧に出汁を引いたお味噌汁

が秀逸です。

『手作りの自家製です』

と言わないので当たり前にいただいてしまいますが、
ちゃんと味わえば、ファミレスやコンビニのそれとは、
一線を画す贅沢さを感じることができます。

・地元の野菜
・地元のお米
・地元のお肉

という素材の出所は表示してくれていますが、
表に出さない裏の部分でも、信頼できるお店です。

さらに。

別の日に、2017こよみの納品に訪れたときのことを。

(1月いっぱい大好評販売中です)
06.こよみ納品

『せっかくCO−JIROに来たからには』

ということで、美味しいエネルギー補給をすることに。

こちらが、新年のおすすめメニュー。

毎回、

『何とかデザートまでたどり着きたい』

と思いながら作戦を組み立てます。

08.新年のボードメニュー

まず、お刺身の盛り合わせ(1,500円)を。
手前から、カガミダイ・タコ・ウスバハギ。

お刺身に関しては、群馬産というわけにいかないので、
富山の契約漁師さんから直送です。

09.お刺身盛り合わせ

次に、牛すじの味噌煮込み700円。
寒い日だったので、煮込み系が欲しくなります。

ゴロゴロはいっているプルップルの牛すじはもちろん、
サクッとした食感のコンニャクも素敵。

10.牛スジ煮込み

11.トロリと牛スジ

そうすると、ついやりたくなるのが、オンザライス。
白めしセットは(自家製の)お新香とお味噌汁まで付いて300円。
(奥に見えるハーフ&ハーフはマボロシです)

12.煮込みオンザライス

さらに、あれば頼む麻婆豆腐1,000円。
横浜修行時代に中華街を食べ歩いたシェフの、
中華料理に対する思い入れは流石。

13.麻婆豆腐

からのオンザライス。
豆忠さんのお豆腐はフルフルでとろけます。

14.麻婆オンザライス

さらに、サラダ代わりに頼んだ、
ゆで豚のバジルソース700円。

ソースも当然自家製。
米油の優しい甘さとバジルの爽やかな香りが秀逸。

15.バジル豚

この日はビールを二杯も飲んでしまったせいか、
またはオンザライスが効いたのか、
締めのCO−JIROチャーハンまではたどり着けず。


それでも、十分に新年の栄養補給になりました。


CO−JIROさんには、1月の新春イベントが終わり次第、
2018こよみのラッキーフードの監修もお願いするので、
仕事を口実に今年もリピートしまくることになるはず。


また、群馬が吉方位となり、


・草津
・伊香保
・四万


などの温泉にお出かけの際は是非。


地元の美味しさを味わえるお店として、
強くおすすめいたします。


それでは☆