基本的に、蛇と遭遇するのは吉兆です。


『遭遇』というところがポイントで。


わざわざ見に行くのでは偶然の必然性に欠けます。


出会って当たり前の環境で想定内に出会ったりするのも、いまいち。


意図せず遭遇してしまうことに意味があります。


そして。


蛇に限らず、野生動物との遭遇は、
いずれも何らかの自然からのメッセージであると考えられます。


注意喚起の意味も含め、前向きに受け止めて吉。


面と向かって目視できたときだけではなく、


・声を聞かされる
・何か分からないけれど前を横切る
・夢に出て来る


なども、何らかのメッセージです。


また、野生動物ではありませんが、


『龍のように見える雲』
『馬のように見える炎』
『鳥のように見える煙』


なども、同様に縁起の良い偶然の必然とします。


せっかくの思わぬ遭遇だったとしても、
それが牧場や住宅街における、
放牧した家畜やお散歩中のペットだった場合には、
残念ながら天啓(※)の期待は薄れます。


※天啓(てんけい):天からの啓示。自然が発するメッセージ。


けれど、だから家畜やペットは運に関係なし、ということはありません。


例えば猫は家に縁を呼ぶ招き猫であり、犬は人を厄から守る狛犬。


意味こそ違えど、どちらも素敵な存在です。


だから大切に、仲良くして吉。


話を元に戻すと。


野生動物との遭遇は基本的に吉兆。


『気を付けて!』


という警告ならば、災厄を未然に防ぐ(または被害を減らす)ヒントです。


『近い将来、良いことあるよ!』


という予告ならば、幸運や良縁を見逃さないためのヒントです。


どっちに転んでも役に立つことに変わりなし。


僕のblogでは、蛇に関するこのエントリ—が大人気らしく、
《蛇を見た》の検索キーワードによる訪問者が、
ここのところ非常に多くて驚いているのですが、
注目すべきは決して蛇だけではありません。


・雉の鳴き声で目が覚めた
・旅先でキツネと目が合った
・道で迷っていたら鷹が先導してくれた


なども、無視すべきではない何らかのメッセージ。


そしてそれらは、基本的に吉兆であり縁起の良いこと。


『渡り鳥って伝染病が怖いよね』
『私、爬虫類&両生類系は嫌い』
『野生動物は獰猛で苦手』


など、ご自身の価値観を軸に吉凶を決めつけず、
自然の代弁者としての彼ら&彼女らを見直して吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年下半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


《西企画の日常:寒くなってきました》

夏の間、あまり近くに寄って来なかったひとが、
ここのところの冷え込みで、ぐっと距離感を縮めてきました。

昼寝をしていると潜り込んできます。

昼寝

暑くなると首だけ外へ出してみたりして。

抜け毛も落ち着き、良い感じです。