お盆やお彼岸など、
お墓参りの機会の度に、
講座やSNSを通して、
繰り返しご紹介するお話があります。


『改葬(かいそう:お墓の引越し)』


です。


日本では、高度経済成長&核家族化の流れに乗って、
爆発的に墓地&墓石が増え、その勢いに伴い、
お墓ビジネスも産業として発展してきました。


今はその逆で、
経済の停滞&少子高齢化により、
お墓を守る人は少なくなる一方で、
守られないお墓は増える一方の時代です。


けれど、お墓ビジネスや供養の習慣は、
そこまで劇的に変わらないまま、
これからも続いていきます。


そこで生じるギャップが、
運を乱す原因となります。


守れない&守られないお墓が、
今後。増えていくにも関わらず、
新しい墓地や新しいお墓は増加していき、
無縁仏を生み出し続けることになるのでしょう。


無縁仏が増える理由はもう1つあります。


今は移動の時代です。


生まれた土地から一歩も外に出ず、
生涯を一カ所で過ごすという方は、
かなり珍しくなりました。


いたとしても少数派。


そこには何らかの、
特別な理由があるはず。


そういう例外は別として。


通常は、多くの人が、


★進学
★就職
★結婚


などの理由により故郷を離れ、
移住(転居)をし、
仕事や流行の早い展開に合わせて、
住環境を変えながら生きています。


交通機関の進化や、
インターネットの発達により、
海外移住さえ、
誰にとってもあり得るグローバルな今。


古い昔に設けた墓地や墓石は、
生活環境との関連性が薄くなり、
遠く離れていくことになります。


それはつまり、お墓参りや先祖供養が、
不便になる一方という未来を暗示します。


→住まいから遠く離れた場所
→ご先祖様が管理していた山の上
→夫と妻で故郷が全く異なる街


などの理由を抱えている方は、
近い将来、自分が元気な内に、
なんらかの対策を講じておかないと、
確実に困るはずです。


どこかで、


『複数あるお墓を一カ所にまとめる』
『そのためにバラバラのお墓を移動する』
『それ以外にも守りやすくする工夫を今していく』


という、供養の節目を作っておかないと、
家運が心配です。


今の自分は大丈夫でも、
次の世代に大きな負担を残します。


本家の立派なお墓が持ち山の上にある方や、
実家から遠く離れた街で生活基盤を固めた方や、
お世話になった親戚から後継者がいないからとお墓の管理を託された方は、


『現状を維持するためにどう頑張るか』


より、


『今後の維持管理のためにどう軌道修正するか』


を考えて吉。


その具体策の1つが、改葬です。


お墓は、作るのは簡単・一瞬ですが、
守り続けるのは本当に難しいです。


守る方法を確保していないなら、
作らない方が無難です


既に守れないお墓を抱えているならば、
その問題を後世に残さず、
自分の代で解決することで、
家運は安定し一族全体の運が守られます。


今、このタイミングで、1度真剣に、
みんなとそのことを話し合って吉。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。


★ゆうきこよみ2022発売!

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口は上記リンクから。

きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法








《西企画の日常:白目》

どんなにフワフワで柔らかくても、
白目むいて爆睡されると、引きます。

白目

あと、時々ビクビクッ!と痙攣するので、
何事かと、こちらまでビックリします。