星に9種あり。
それが九星学。

九星学

そこには3系統あり。


個性派:一白水星・四緑木星・七赤金星
経験派:二黒土星・五黄土星・八白土星
感性派:三碧木星・六白金星・九紫火星


9種類それぞれ厳密には異なる特色を持ちます。


けれど共通点から3グループに分類される、
この3系統別の把握と理解は、とても分かりやすいです。


例えば。


一白水星・四緑木星・七赤金星の方

興味のないことや人に対し必要以上に冷たく接しがち。


自分の好きなことに熱中し集中するのは問題なし。


その反作用として、それ以外のものに冷淡になり過ぎるのは、
現実生活を送る上で支障が出てきてしまうこともあります。


自分のことだけにしか興味を持てないのは悪い状態です。


自分の好きなものを大切にし、他人の好きなものを認めながら、
それぞれの得意分野で足りない能力を補い合う、
というのが、本来の個性派の生き方です。


二黒土星・五黄土星・八白土星の方

できないことややりたくないことまで引き受けてしまいがち。


他人からの依頼に応え、自分の力を役立ててもらうのは問題なし。


そこで、無理を押して自分を犠牲にし頑張り過ぎるのは、
結果として自分にも他人にも迷惑をかけることになります。


せっかくの人助けや支援や補佐も、大きなお世話になったら残念です。


他人からの依頼や要求に対し、自分の実力の範囲内で応え、
主となる本人の実力を引き出せるようにサポートする、
というのが、本来の経験派の生き方です。


三碧木星・六白金星・九紫火星の方

良く聞いたり調べたりしていないのに『わかるわかる』って言いがち。


感覚的に物事を捉えて想像や想定を伸ばすのは問題なし。


そこで現実より理想、具現より抽象、感性より感情に偏り過ぎるのは、
リアルライフとの差異が大きく生じることになります。


『分かったつもり』は、分かっていないのより危険です。


見るもの聴くもの触れるものから刺激を受け、
それをきっかけに良く調べ良く学び、次の好奇心を持つ、
というのが、本来の感性派の生き方です。


3系統の次に九星別

九星学というくらいだから、九種類の特色を学ぶのが、
教科書的な基本の“き”なのかもしれません。


でも僕は、普段から常に9種の星を細かく意識して暮らしてはいません。


そこまで真面目ではないし、その誠実さはときに重荷になることもあります。


まずは3系統の共通項を把握し、それを緩く応用してみましょう。


そこで足りない知識があれば、より深く、九星別に補足をするので十分です。


そんな順序で星の知識と親しんでいけば、
自然と『使える九星学』のスタイルが身につくはずです。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年下半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


開運DWS2017@千代田
★詳細とお申込みはこちらのリンクから!

2017年をデザインする2時間。
精度の高い吉方位旅行計画もこの機会に。
年に1度、自分自身の未来と向き合う機会を是非☆



《西企画の日常:限定セット発送中!》

2016年9月14日でお申込み受付を終了した、
2017こよみ&カレンダーの限定セット。

多くのご予約、本当にありがとうございました。

すでに400組以上の発送が完了し、第1陣は到着したはず。

9月14日までにお振込みいただいた分も、昨日発送を終え、
遅くとも明日にはお届けできるはずです。

もうすぐお手元へ

北は北海道から南は沖縄まで、水玉表紙が旅立っていきます。

おかげさまのことでございます。

全国発送中

週明け、9月19日からは、通常販売も開始します。

セットではなく、単体でのご注文をご希望の方、
もうしばらくお待ちくださいませ。

しばらくお待ちください