人形

・オモチャのぬいぐるみ
・コレクターズアイテムのフィギュア
・骨董品として価値あるフランス人形


などなど。


人形(ひとがた)というのは、取り扱いの難しい、
軽々しく手を出すべきではない物体です。


乱暴に触ったり、使わず放置してしまったりすると、
当人の意識の有無に関係なく、いつの間にか、
呪術ツールとしての依り代(人の身代わり)となり、
自分では望まぬところで、


・鎮魂
・勧請
・口寄せ


などが発生してしまうこともあるとも言われます。


それが精巧なものであるほどに、その心配が高まります。


中には、良き魂や幸運の神様を引き寄せ、
持ち主に幸せを運ぶお人形みたいな、
代々家宝にしたくなる奇跡もあるかもしれませんが、
そんな都合の良い話は本当に少ない例外です。


維持管理を疎かにし、忘れられた存在にしてしまうと、
ホコリなどの汚れだけでなく、良からぬ運までまとわりつきます。


趣味として集めたり製作したり、
大切な友人からのプレゼントとして手元にあったりと、
多くの方にとって親しみあるものではあるでしょうが、
縁あって取得したからには相応の配慮が求められます。


もちろん、美しく綺麗に保存し続けることができているならば、
なんの心配も要りませんので、そのままにどうぞ。


『うちの五月人形は呪われてるの?』


なんて誤解のなきように。


おもちゃとして遊び続けたり、
定期的にお金と時間と労力をかけて修復修繕したり、
コレクションとして整然と陳列し愛でたり、
そんな関わりを保つならば、悪運が入り込む余地はありません。


繰り返しますが、問題は、乱暴に、不潔に、愛情なく扱われた場合。


・持ち主の愛情や情熱が冷めてしまう。
・相続や譲渡で本来の持ち主の手から離れてしまう。
・手入れをするためのお金や時間が足りなくなってしまう。


などの理由により、良い状態を保つことができなくなったならば、
例えば思い出の可愛いヌイグルミであったとしても、
ヤバい代物になってしまう恐れ大。


呪いの人形まではいかずとも、色々面倒臭いので、取り扱いは丁寧に。


盲点として。


意外に良くないのがゲームセンターの景品です。


取る事自体を楽しみとし、釣った魚にはエサをやらず、
せっかくの景品を大量に放置してしまうのは、
自分が思っている以上に危険だし運が悪いです。


他の人形と比べ、手入れの原動力となる愛情が、
持ちにくく薄れやすい状況がそこにあるので、
クレーンを操り獲物を捕らえることが大好きな方はご注意を。


なにも、人形=凶と言いたいのではありません。


そこは強く念押ししておきます。


正しくお付き合いできれば、むしろ吉とさえなり得るでしょう。


でも、そういうわけにもいかないのが、お人形です。


それらは、グローブやサッカーボールや、
絵本やアルバムや別れた恋人からもらったプレゼントと違い、
放置することでリスクが高まりやすい依り代です。


自信がないなら手を出さないのが最も無難。
縁あって手に入れたならば大切にするのが正解。


それを踏まえて、改めて押し入れやクローゼットを確認してみてください。


それでは☆


お知らせ
★新春開運講座2016DVD&CD・MP3

2016年の新春開運講座の内容を、
映像と音声でまるっとお届けします。

1年間通してヒントにしていただける情報満載。

の詳細は、上記のリンクから☆

★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年上半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円

おかげさまで、どちらも残りわずかです☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆