運を学び始めたばかりのため、


『まだ難しいことは、良く分からなくて』


という不安を持っている、自称初心者の方へ。


または。


運を十分に学んできた結果、


『どれが正しくて何が本当なのか、分からなくなってしまって』


という不安を持っている、自称上級者の方。


僕が最もお勧めする、運の吉凶判断の基準は、


『必要性と必然性』


です。


そこを基準に自分の人生と向き合えば、
複雑な運の鑑定ロジックは要らないし、
諸説ある様々な理屈に惑わされることもありません。


常に自分という軸を真っ直ぐ保ちながら、
自分にとって必要で必然な道を選ぶことができます。


誰かに言われる吉とか凶

仮に、とても有名な運の専門家から、


『今年は、凶時期だから、何をやってもダメ』


と言われたとします。


でも、そこに譲れぬ必要性があり、確かな必然性を感じるならば、
考え抜いて出した答えの全ては吉である、と言えます。


仮に、面倒身の良い占いマニアな友人から、


『そこは、大凶方位だから、行っちゃダメ』


と言われたとします。


けれど、その場所に行かねば手に入らぬ大きな価値があり、
そこに行かざるを得ない十分な理由があるならば、
迷わず胸を張って行くべきです。


それ、方位学においては凶かもしれませんが、
自分自身の人生においては、決して凶ではないです。


知識の吉凶と自分の吉凶

必要性と必然性を吉凶判断の基準にした場合、
運の知識における凶が、自分にとっての凶になるとは限りません。


また、みんなにとっての吉が、自分にとっても吉だとは保証されません。


運は凶であっても、必要であり必然であれば、自分には吉です。
運は吉であっても、不必要であり不必然であれば、自分には凶です。


そして。


人生において、凶が必要になったり、吉が不必然だったりすることは、
当たり前のように起こり得る日常茶飯事なわけで。


そこで、みんな、迷い、不安になります。


だから、みんなに、言います。


必要性と必然性を判断基準にして吉。
もっと自分の運に自信を持って吉。


自分で開く新しい扉

運なんてものはそう簡単には割り切れず、
時には運のロジック通りではない鑑定結果が導き出されることも、
西企画においては、少なくないです。


凶時期である。
凶方位である。
でも必然だし、必要である。


そういう状況って、運の理屈の中ではどうか分かりませんが、
このリアルライフにおいては誰もが知る常識です。


そこで知識過多となり、現実の成り行きを軽視してしまうと、間違えます。


時期や方位など、人生におけるごく一部の限定された要素のみに囚われてしまい、
その他にもある様々な面にシワ寄せがいくことになります。


運の吉凶鑑定ロジックを参考にし、そこに現実を照らし合わせ、
頭を整理し、状況を分別し、様々な可能性を模索するのは、
とても素晴らしいことだし、最も正しい知識の運用だと思います。


でも、そこで不安を抱えてしまった場合。


一度、様々な悩みや迷いを棚上げし、


『必要性と必然性』


という別の観点から判断することで、開く新しい扉があるはずです。


自分の運は自分で決める

自分の運は、自分こそが最も良く知っています。
だから、自分の運は、自分で決めるのが、最も安心です。


吉の価値を過剰に妄信したり、凶の作用を必要以上に恐れたり、
そういう風に運を重荷に生きるなんて、辛いです。


ってことで、


『知らないから不安』
『知れば知るほど不安』


という方は、


『それは自分にとって必要で必然か?』


この基準を真ん中に置き直してみてください。


必要性と必然性は、他の誰でもなく、自分だけが知っている大切なものです。


それでは☆


お知らせ
★新春開運講座2016DVD&CD・MP3

2016年の新春開運講座の内容を、
映像と音声でまるっとお届けします。

1年間通してヒントにしていただける情報満載。

の詳細は、上記のリンクから☆

★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年上半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円

おかげさまで、どちらも残りわずかです☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


《西企画の日常:ピザパーティー》

山の中の工房

ピザパーティー

炭焼きピザ

隣町、鬼石の山奥。

お世話になっている木工工房でのピザパーティー。

スプーン作りでお世話になっている先生ご家族による、
手作りピザ釜と、手作りピザでのおもてなし。

この日、久しぶりにカンナで自作スプーンを削り直し、
より使いやすい形へと修正しました。

食も、道具も、手作りは、本当に良いです。