変化を目指す場合。


そこでの前提は、良く変えることです。


変化の運には2種類しかなく、


1.良くなるか
2.悪くなるか


のどちらか一方。


なので、良く変えることが目標になります。


その際、必要となる運は八白土気です。

P135:08八白

八白土気の良いエネルギーに恵まれると、
人は良い変化を積み重ねて良く変わっていきます。


・改革
・改善
・向上
・打開
・成長


上記はいずれも八白土気の吉運の成果です。


方位で言うならば北東。


・北東の吉方位旅行
・北東のお水取り
・北東の吉家相


上記が主な具体策です。


北東の活用はその加減が難しいので、ある程度の知識が求められます。


けれど、上手く使えば良く変わるので、
以下のエントリ−も踏まえて計画的な運用を。


★鬼門のリスク ー北東という方位の強さー
★北東という方位のリスク
★強い方位との付き合い方 ー南と北東の吉方位旅行計画ー


一方。


変化を望む際、必要となる心構えがあります。


それがないと、変化を受け入れにくくなるし、
工夫や修正に取り組みにくくなってしまうことがあります。


その心構えとは。


『ダメだったら元に戻す』


です。


ダメで元々。
それで良いから、変えてみる。
それだけで少し、運が変わる。


この感覚を常に忘れないようにしないと、
人は安定に埋没し現状維持に固執するようになります。


『変えてダメだったらどうするの?』→『元に戻すことにします』
『前の方が良かったわ!』→『じゃあ元に戻そうかな』
『変えても大した違いないよね?』→『だったらいつでも元に戻せるよね』


その事前の心の準備があってこそ、変化に着手できます。


だから、自分で勝手に退路を断たないこと。


変えたらそれきり、元には戻れないとか、
変えてダメだったらそれで終了、取り返しはつかないだとか、
そんな過度なプレッシャーで変化を遠ざけないで吉。


変えてみて初めて分かる今の良さだってある。
小さな微調整から始めれば、失敗の被害も微小です。
周囲の誰も気付かぬようなわずかな工夫でも、運は十分に変わります。


逆に言うと。


やってみなくちゃ分からないことで、大きなリスクを負う必要なし。
やってみて分かったことがあるならば、元に戻すのは無駄じゃない。


何より重要なこととして。


試しに変えてみる。
ダメだったから元に戻す。


これで2度の変化が可能です。


その積み重ねが、変えるべき運を変えます。


より良い変化を望むならば、八白土気の運を呼吸。


その上で、


・髪型を変えてみる。
・通勤や通学の経路を変えてみる。
・歯ブラシを変えてみる。
・行きつけのお店を変えてみる。
・かかりつけの病院を変えてみる。


どれも心構えは同じ。


『ダメだったら元に戻す』


それで運は変わります。


それでは☆


お知らせ
★新春開運講座2016DVD&CD・MP3

2016年の新春開運講座の内容を、
映像と音声でまるっとお届けします。

1年間通してヒントにしていただける情報満載。

の詳細は、上記のリンクから☆

★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年上半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円

おかげさまで、どちらも残りわずかです☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


《西企画の日常:豹柄熱》

土用になると豹柄の何かが欲しくなります。

・豹柄のハーフパンツ
・豹柄のシャツ
・豹柄のネクタイ

などなど。

土用が明けると忘れるのですが。

もちろん、土用中には手を出しません。

我慢します。

最近は、近くに豹柄っぽいひとがいるので、
その模様を眺めたり撫でたりしながら、
なんとか豹柄熱を冷ますようにしています。

豹柄