最近、特に力を入れている、偶然の必然理論に関して。

偶然の必然

いまいち分かりにくい感覚なので、具体例を以下に。


過去の出来事は偶然の必然

すでに起こったことは、全てが偶然の必然のシナリオ。


『ああしておけばおかった』
『なんでこうできなかったのだろう?』
『どうしてこんなことになったのか?』


そう思ってしまうような、苦しい過去もあるかもしれないけれど、
それが確かに起こった出来事ならば、
そこに何らかの必要性と必然性があります。


むしろ不都合な失敗こそ、偶然の必然なのかもしれません。


起こる必要がなかったことが、運悪く起こってしまったのではなく、
起こる必要があり、おこるべくして起こった、今に辿り着くための条件。


高い視点と広い視野で見れば、人生において、


『過去と現在と未来を繋ぐ大切なイベント』


であると考えられます。


結論、すでに起こったことは、全てが偶然の必然のシナリオです。


制御不能は偶然の必然

制御不能な言動は、偶然の必然の流れです。


成すべきことは頭で分かっていても、体が動かないとき、あります。
または体が暴走し、どうにも止まってくれないときもあります。


やらなくちゃと考えているのに、できないこと。
やっちゃだめと分かっているのに、やっちゃう自分。


進もうと思っているのに体が言うことを聞いてくれない。
またはそのつもりはないのに体が勝手に前へ進もうとする。


そんな制御不能な自分の言動も、偶然の必然。
良し悪しではなく、必要であり必然な流れです。


吉時期や吉方位はなかなか選べず、
凶時期や凶方位ばかり選んでしまい、
運が悪い方へのみ突き進んでいるとしても、


『どうあがいても制御不能』


というのは、必要な場所にたどり着くための、必然の暴走だと考えられます。


その裏には、逆らうことのできない一連の流れの存在があるはずです。


理屈の上では凶と判断するしかないことも、
人生においては、流れの中で求められる過程という場合、多いです。


結論、制御不能な言動は、偶然の必然の流れです。


決断と選択の機会は後からやってくる

思惑とは異なる展開や、ガッカリするような出来事に遭遇したとして。


思うように進まないそれらの状況が、ストレスになるのは当然です。


どれほど上手い言い回しで、


『それこそ素敵な偶然の必然!』


と説明されたところで、その時その場において、
乱れてしまう感情を止めることは不可能だと思います。


嬉しいことなら舞い上がるし、辛いことならガッカリする。


でも、僕たちは、常にその時その場で決断と選択を求められるわけではありません。


何かを決め、どれにするか選ぶのは、
多少後になっても、現実的な問題はそれほどないはずです。


過去の不具合を振り返ることで、今だからこそ見つけられる答えはあるはずです。


制御不能な状態から抜け出した後にこそ、自分らしい決断と選択の機会がやってきます。


すこし時間をかけることができれば、感情の乱れもいくらかおさまっているでしょう。


そのときこそ、正しく偶然の必然を受け入れるチャンス。


不都合な状況下においてこそ、早急には答えを出さず、
少し時間を経てから振り返り、感情の波が落ち着いた頃に、
理性的に答えを探し見つけ把握して吉。


それでは☆


お知らせ
★新春開運講座2016DVD&CD・MP3

2016年の新春開運講座の内容を、
映像と音声でまるっとお届けします。

1年間通してヒントにしていただける情報満載。

の詳細は、上記のリンクから☆

★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年上半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円

おかげさまで、どちらも残りわずかです☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆


《西企画の日常:目指す未来のために》

2017こよみの製作ですが、着実に前進しています。

その過程で、料金の値上げが議題となっています。

1,000円から1,200円へ。

僕の考えるより良い目標を基準にすると、
今のままではどうしても無理が生じてしまって。

支払う料金を上げることで喜んでくれる方は少ないので、
非常に悩ましい判断に迷い続けています。

とは言え。

今のままで良いとは思っていないし、
価格競争の薄利多売で儲けようとすると運が悪くなるので、
こよみを開き、未来を見据えて、答えを出します。

DCIM0518