吉凶

吉は選択の目安。


凶は対処の目安。


選ぶのに迷ったら吉を探すのがお勧め。


凶を選んだら対処するのがお勧め。


これが吉凶という運の判断基準の、
存在意義であり運用方法です。


それ以上でもそれ以下でもありません。


吉を妄信しないこと。


凶を恐れないこと。


判断基準に振り回されるのは、
それ自体が、運の悪いことです。


例えば。


吉方位へ行くことは吉だけれど、
吉方位へ行かない人を否定するのは凶。


凶方位を避けることは吉だけれど、
凶方位へ行く人を非難するのは凶。


なぜならば。


吉方位以外にも人生の選択肢はあるからです。


また、凶方位へ行くことが凶なのではないからです。


そこに必要性と必然性があるならば、
吉方位へ行かないこともまた吉。


そして本当に避けるべきなのは、
凶を選んだまま対処をしないことです。


中には、吉や凶より作用が大きい、
大吉や大凶という運もあります。


その場合。


大吉とは、特にお勧めだけに何とか選びたい選択の目安。


大凶とは、より多くの対処が必要であることを示す目安。


それでもなお、大吉は、
絶対選ばなければならない制約ではありません。


もちろん、大凶だって、
選んだら死ぬ、なんて怖さはありません。


そこで大吉を選ばないということは、
相当の選べない理由がある、ただそれだけのこと。


また、大凶を選んでしまったということは、
相当の対処が必要になるだけのこと。


迷ってないなら無理をして大吉を選ぶ必要なし。


十分な対処ができるならば、
大凶だって恐るるに足らず。


中には、大大吉や大大凶も、まれにあります。


そうなると、つい、僕も人情や感情が顔を出してきて、
大大吉を強くお勧めしてしまったり、
大大凶を何とか避けられないか、
しつこくご提案すること、あります。


だからと言って、やはりそれは、
制約でも限定でも強制でもありません。


大大吉であってさえ、
他に理由があるなら、選ぶ必要なし。


大大凶でも、より多くの相当な対処が可能なら、
選んでこそ自分の人生。


そう考えると。


それが時期であろうが方位であろうが、
お神籤であろうが縁であろうが、
吉凶とは選択と対処の目安であり、
単なる判断基準。


それ以上でもそれ以下でもありません。


たかが判断基準に縛られるのは残念。


何を選んでも、自分は自分。


吉や凶は、強制的な確定事項ではありません。


そこだけは勘違いせず、自分らしく活かして吉。


それでは☆


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法