・あえて不慣れな方へ
・意識的にドキドキする方へ
・いつもの自分だったら避けるであろう方へ


そんな風に道を選んだ方が、運が動き、運が進み、運の勢いが増す2015年。


それが三碧木気の年の運勢です。

RIMG1015


勇気を出してそれを成す人は、運の挑戦者であり開拓者。


次の時代を生きるための、新たな可能性を手に入れることができるのは、
今、自らの手で未来を切り開く人達だと思います。


『自分はそこまでの勇気も好奇心もないな』


という方でも、あきらめるのは少し早い。


不慣れなことに不安を感じながら過ごしている今があるなら、
それは、未知なるものと向き合い、過去の安定に逃げず、
自分なりの2015年を戦えているということだと思います。


つまりそんな自分も、立派な挑戦者であり開拓者です。


今、不慣れなら、それは新しいことと向き合っている証。
今、不安なら、それは安定に逃げていない証。


そして。


失敗が多いということは、成功できないというだけでなく、
挑戦できているという証のはずです。


2015年度において、それらはどれも運の良い傾向だと考えられます。


今年は、勇気を持って挑戦することで未来の扉が開かれる運勢。


そんな格好良い表現で言うと、見た目は非常にポジティブですが、
現実においては決して格好良いばかりではありません。


むしろその逆。


挑戦には失敗がワンセットだし、出だしは摩擦がつきものです。


新しい知識や技術を取り入れようとすると、
そこにイチャモンをつける人がきっと現れます。


挑戦しないやつほど批判が得意だし、
出る杭を打つことで安心や安定を確保しようとする人がいます。


場合によっては、そういう人の方が主流な家庭や職場もあるはずです。


勇気を出して挑戦をする自分が少数派に回ること、少なくありません。


でも、負けないで。


運が良い人は、他人の勇気ある挑戦や、成長を目指した新たな取り組みを、
バカにしたり、非難したり、代案もなく否定したりすることは決してありません。


そんな風にあなたの前進を邪魔しようとするバカはみな、
運が悪い人だと考えられます。


そんな運が悪い人の言葉をいちいち真に受けている暇は、ないです。


そうでなくても今年は慌ただしく前のめりな運勢。


気にするなら運の良い人の意見や忠告だけにし、
その他の声はサラリと流せる大人の度量で切り抜けて吉。


前進・成長・発展を目指した挑戦とは、新たな始まりの機会。


始まりとは、古さではなく新しさ。
新しさとは、気付きであり発見。
発見とは、未知との遭遇。
未知との遭遇とは、驚き。
驚きとは、瞬発的な勢い。
そして勢いとは、始まり。


で、始まりの年2015。


ここから踏み出す一歩に価値あり。


どこかで始める必要があるならば、ここを機会に新しい世界を目指して吉。


ちょっと気の早い話。


今年は不慣れで未熟で、その分、新鮮でワクワクする、
新しい物事に運が乗りますが、
2016年は、新鮮味に欠けて飽きちゃっていても、
その分、慣れ親しんだ馴染みのある物事に運が乗ります。


今年、しっかりドキドキしておけば、来年には慣れた人や馴染みの場所、増えてるはずです。


今、ドキドキしておければ、後でホッとできる、という流れがあります。


そんな理想の流れに無理なく乗れるよう、今、勇気を出して参りましょう。


それでは☆


【告知】講座のお知らせまとめ@千代田


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
上記の記事とは関係のない内容は、
こちらにコメントいただければご返信いたします。