お清め


運が良くなる物の使い始めの方法に関して。


綺麗に包装された新品であったとしても、
あらゆる商品は、自分の手元にやってくるまでには、
目に見えぬ様々な経緯があります。


・原材料を作る人
・部品を作る人
・組み立てる人
・お店で売る人
・運ぶ人


などなど。


僕たちが追いきれないような多くの人がそこに関わり、
想像もつかないような経路を経て手元にやってきます。


それが、良い人、良い道ならば、何の心配もありません。


良い場からやってきて、良い場に保管されていたならば最高です。


けれど、そうとは限らないから、注意が必要となります。


だから、衣服も、アクセサリーも、文房具も、
パソコンもスマートフォンもデジカメも、
使い始めの前には、念のためのお清めがオススメです。


衣服なら洗濯が最も身近な手段。


洗濯機に放り込んでから袖を通すなら、
水気の力でしっかり厄払いできていると思います。


パソコンなどの精密機器類は水洗いすると壊れてしまうから、
水拭きして表面を綺麗にした上で、
初期設定の見直しが良いと思います。


例えば操作方法やデスクトップ画像などを自分らしくカスタマイズすることで、
リセットできる運があると考えられます。


アクセサリーなどの光沢がある綺麗なものは、
磨き掃除や香りのお清めも効果的です。


自動車は外からで良いので、運転席を起点に、
時計回りに塩・酒・水を振りかけるのが素敵です。


自転車は、綺麗に水洗いした後、要所に油を注しておきましょう。


上記は、物だけに限った使い始めの儀式ではありません。


建築物などの時空間(場・領域)においても同じことが言えます。


住居はハウスクリーニング後の新築物件であったとしても、
やはり念のため、入居前に床と壁を水拭きできると安心です。


ホテルや旅館では、部屋の空気を入れ替え。
その際、お香やアロマオイルなど、良い香りを焚くとさらに効果的。


ちなみに。


人の始まりの儀式は産湯。


それが昔から今まで、変わらずに続く、人生最初のお清めです。


以降の定期的な手入れも、もちろん大切です。


けれど、最初に穢れを祓い清めておくと、
単に綺麗な始まりが手に入るだけでなく、
以降、悪運がつきにくくなります。


運をより汚れにくくするための具体策としても、
最初のお清めはとても役立つはずです。


それでは☆


【告知】講座のお知らせまとめ@千代田


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
上記の記事とは関係のない内容は、
こちらにコメントいただければご返信いたします。