おさつ


★お金を呼び込むお財布の法則 〜お財布選びの秘訣〜
★お金にまつわる注意事項 〜お金で運を乱さない予防策〜

上記のようなエントリ−の後にいただくご質問への回答をまとめました。


今回はその第3弾です。


急なお財布の買い替え


Q『壊れたお財布を買い替えるのに時期の吉凶はある?』


使っていたお気に入りのお財布が破損してしまった。
修理は難しく、買い替えざるを得ない状態。


ところが、夏にお財布を買うと“カラ財布”と呼ばれ、
金運がカラカラに干上がって、お財布にお金が入って来ないらしい。


また、秋に購入するお財布は“飽き財布”または“空き財布”となり、
これも相当に縁起の悪いことと聞いた。


春まで待つことができれば“張る財布”となり、
お金が貯まる縁起の良いお財布になるらしいけれど、
それまで壊れたお財布を使い続けることはできない。


これはもう、冬まで待つしかない?


A『なるべく早く新しいものを手に入れて吉』


縁起の良いお財布を手に入れることも大切ですが、それよりも、


『壊れ破れたままのお財布を使い続けること』


や、


『次なるお財布を持たないまま過ごすこと』


のリスクを、なるべく早く回避する方が優先されると思います。


良い縁起を狙った結果、悪い縁起の状態が長く続いてしまうのでは本末転倒。


もしもカラ財布や空き財布の凶運が心配であるならば、


・甲子の日や新月の日からの使い始め
・吉方位での購入
・素敵な色彩や素材や形状


などの知識を組み合わせ、より良い縁起を自ら生み出せば安心だと思います。


お財布のリサイクル


Q『お財布を質屋に出すのは凶?』


不要になったブランド財布や高級バッグなどの処分方法として、
リサイクル店や質屋で売り、現金に替えるのは凶?


A『お清め済みなら問題ないと思います』


廃棄処分する場合も、下取りに出す場合も、
塩やお香などでお清めし、自分の気を抜いてからリサイクルするならば、
手放し方としては問題ないと思います。


まだ一度も手をつけたことがない新古品であるならば、
そこまで神経質になる必要はありません。


未開封のものならばなおさらです。


一方、使用済みの中古品を下取りに出す場合は、
しっかりと自分の気を抜いてから手渡して吉。


贈り物のお財布


Q『いただいたお財布は凶?』


お財布をプレゼントでいただいた。


とてもありがたいことだし、デザインも素敵。


今、使用しているお気に入りが壊れたわけではないけれど、
それなりに古くなっているので、交換しようと思う。


ところが。


1.お財布が来るのは凶方位から
2.お財布を買ったのは土用中
3.お財布の色が尅気色


などが気になっている。


どうしたら良い?
捨てるべき?
売ってしまう?


A『ありがたく使い始めれば良いと思います』


縁があって手元に来たものならば、
そして、そのお財布を『好き』になれる自信があるなら、
せっかくですから、使ってあげられる方が、運が良いと思います。


凶方位の悪影響が気になるならば、
吉方位へ持って行って、その現地で使い始めれば良い対処完了です。


土用期間中の購入&受け取りが気になる場合には、


1.土用明けまで開封せず放置
2.土用が明けてから開封
3.まず塩とお香(アロマでも可)で浄化
4.そこから一定期間放置して(1週間程度)
5.良き日を選び、使い始める


という流れがあれば、心配はないと思います。


お財布の色が気になるならば、その前に、
自分のお気に入り具合と照らし合わせて判断すれば良いと思います。


お財布の購入窓口の吉凶


Q『正規取り扱い店や代理店で買わないと凶?』


海外ブランドのお財布の買い替えを検討する際、
信頼は正規店(代理店)が保証もあって安心だけれど、
ネットショッピングの方が価格は安い。


お店を選ぶ際、正規店と比較して、
新品で売られているリサイクルショップや、
並行輸入店での購入は、運が劣る?


A『信頼関係を判断基準にして吉』


モノを手に入れる際、今は正規ルート以外にも、
様々な経路があり、選択肢は多様。


その際の、目に見えない“運の質”を見分ける上で、
判断の基準となるのは、信頼関係の良し悪しだと思います。


より信用できて、安心できる店舗や担当者から購入するものは、
自然とエネルギーのクオリティーも上がります。


上記を踏まえ。


1.本店
2.正規店(正規代理店)
3.オフラインの中古屋や質屋
4.オンラインのネットショッピング
5.ディスカウントショップ(安売り店)


上記の中では、本店及び正規店が、やはり優れていると思います。


ただし、ネットやリサイクルなどであったとしても、
一定の信頼関係や安心感があれば、 運を乱す程の悪影響はないと思います。


ディスカウントショップや、非正規店、
またはリサイクルショップで購入する商品の多くは、
比較的手軽に、気楽に、安価に手に入りやすい反面、
相応のリスクを負うことになります。


その現実面でのリスクは、運のリスクにもリンクします。


安いものには理由があるし、その理由は購入者の運に悪影響を及ぼします。


理想は、信頼できる店舗から、気楽に安く購入することですが、
それが難しかった場合は、価格や手軽さと同等、もしくはそれ以上に、
信頼を基準に取捨選択ができると、運も良いと思います。


以上、連続3回のFAQシリーズお財布編でした。


また回答集が貯まり次第、まとめてレポートいたします。


それでは☆


【告知】講座のお知らせまとめ@千代田


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。