明日、2015年4月17日(金)から、土用が始まります。


『え?土用ってなに?』


という方は、まず以下のリンクをご確認ください。


『つまり季節の変わり目のことですよ』


って内容が、あの手この手で書かれています。


★土用のまとめ


今回の土用に関してご提案したいのは以下の3つ。


本当は他にも、もっといっぱいあるけれど、
あれこれ気にし過ぎていたらその制限が運の伸びを抑えてしまうし。
気をつけるべきことが多すぎると何も気をつけられなくなるので、
3つのみに絞ることにします。


その1.繁忙の土用


不安定な土用の期間は、通常、大人しく過ごすのが無難です。


けれど、今は繁忙の4月。
しかも、2015年度において最も大切なピークポイントです。
ここでジッとしていたら、幸運と良縁を逃します。


不安定な中でもなお、忙しい日常は維持すべきだし、
バタバタして心身共に疲れるくらいが丁度良いと思います。


ただし、いつも通りの強引さや、過剰な無理はリスクとなります。


忙しく過ごしはするけれど、いつもより丁寧に目の前のことに取り組み、
無理は仕方ないけれど、意識してほどほどに抑え、
基本的には、土用前に立てた計画や予定を大切にこなすようにして吉。


★衝動的な決断
★突発的な言動
★売り言葉に買い言葉


を避けた方が良いというのは、いつもの土用と同じです。


その2.土用入りからの3日間


・4月17日(金) 年月日全て三碧木気
・4月18日(土) 繁忙の甲子
・4月19日(日) 新月


始まりの年の始まりの月において、
土用の初日から3日間連続、事始めのチャンスが続きます。


ここは、良い意味で、運を動かす起点になるはずです。


『甲子の日って何?』


という方は過去のエントリーをチェック。


★甲子の日とは?
★甲子の日の活かし方


あくまで土用中なので、事前に予定を組んでおく必要はあります。
また予算を決めておいたり、スケジュール帳に書き込んでおいたりできると安心です。


今、新月に気付き、今、突然始める流れは、
土用による不安定な作用を受けやすいと思います。


そこにさえ配慮ができれば、土用入りからの3日間で、
新しくするもの、新しく始めること、新しく決めること、
あって良いと思います。


その3.伝達ミスによる衝突


誰もが辛口になり、衝突や摩擦が増える運勢あり。


正しい批判や必要な注意であったとしても、
伝える方法や伝えるタイミングが悪ければ、
簡単にトラブルに繋がるので注意が必要です。


そして何より怖いのが、


『伝えてない(聞いてない)』


ということによるトラブルです。


それは、辛口による衝突よりも大きな災いに繋がるはずです。


伝え忘れや聞き忘れのミスは仕方がありませんが、


『言わなくても分かってよ』
『聞かれなくても答えてよ』


みたいな他者への依存は、土用の不安定の大好物。


それだと縁も運も乱れてしまうので要注意。


以上、特筆すべき3点に関して。


ところで、今はまだ土用前。


不安定な期間が始まらないうちに、
あと1つ済ませておけることがあるならば、済ませて吉。


あと1つ、予定や計画を練ることができるならば、組み込んで吉。


そして明日になったら、無理や強引は控え、
元気に毎日のスケジュールをこなしていきましょう。


それでは☆


【告知】講座のお知らせまとめ@千代田


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。