西企画で考える、吉方位旅行計画を立てる上で、
最も理想の滞在期間は、2泊3日である。


講座においては、みなさんにそうお勧めしています。


1日目:出発&移動&お目当ての現地に到着
2日目:丸一日、じっくり腰を据えて現地に滞在
3日目:出発&移動&愛しの自宅に到着


無理が伴うならば、3泊や4泊をする必要はないと思います。
2泊できれば、理想はほぼ達成できたものと満足して良いです。


頑張れば2泊できるという場合には、何とかする価値はあります。
日帰りよりは1泊した方が良いし、1泊と2泊の間にも、
大きな効能の差があるものと考えます。


2泊3日が難しいならば、1泊で妥協をすれば良いし、
1泊が無理ならば、サクッと日帰りプランにすればそれで問題ありません。


僕自身、2泊3日の旅行ができるなんて、1年に1度あるかないかです。
1泊や日帰りで妥協をするのが通常です。


だから、


『2泊3日以外の吉方位旅行では意味がない』


というわけではないので、誤解のなきように。


けれど無理なく可能ならば、2泊3日は目指すべき理想の吉方位旅行計画です。


これが、質量共に最も効果的な吉方位旅行であると考えます。


日までこだわった吉方位旅行計画を立てる場合。


最も良い日を中日に設定することをお勧めいたします。


移動がある出発日でも帰宅日でもなく、
丸1日現地に滞在できるその期間を最も良い日にすることで、
方位のエネルギー吸収量を増やせるものとします。


別の言い方をすると。


吉方位エネルギーを動かず吸収するためには、
出発と帰宅による移動の制約を受けない中日を作ることができる、
2泊3日のプランを立てる必要性と必然性があるわけです。


上記を踏まえ。


1年に1度、観光でも趣味でもなく、
運を良くすることを最優先とした旅行計画を練る際は、
まず2泊3日の滞在を目指して吉。


最後に。


『2泊3日なんて時間的にも予算的にも今は無理!』


という方。


吉方位旅行を成立させる上で必要な、最短の滞在時間は2時間です。


可能ならば、同じ場所にじっと動かず2時間が理想。


それが難しいならば、同一施設もしくは同一敷地内。


それが難しいならば同一地域内。


そこまでが妥協の範囲内。


異なる地域内を移動しながらの2時間は効能が薄いと思います。


時間も予算も限られている人ほど、現地ではあまり動き過ぎず、
1つの場所で腰を据えて呼吸をして吉。


それでは☆


【告知】講座のお知らせまとめ@千代田


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。