春の薄曇りの中、いつもの金曜日の朝の講座でした。

★気楽教室

日程:毎月第1・第3金曜日
時間:9時30分から11時15分
場所:群馬県富岡市 西企画
資料:九気暦、2015こよみ、配布するレジュメ
料金:2,160円(2,000円+消費税)/月



今回ご紹介した内容は。


▼1.4月の運勢(こよみを使って、行動計画を立てる)


★重きを置きたい、大きな見どころ

 ・学習=一白水星・四緑木星・七赤金星 『分からない、不安』も含めて、気付きに恵まれる
 ・交際=二黒土星・五黄土星・八白土星 交際費は使って吉
 ・仕事=三碧木星・六白金星・九紫火星 仕事をせざるを得ない


★繁忙の4月

 ・忙しくなる、というより忙しくする。
 ・土用前に4月中の予定を1つでも多く計画して吉。
 ・土用中の予定は土用前に予め定めておく。

★新しい挑戦

 ※ネガティブで発現することの方が多い(反発、不慣れ、否定⇒拒絶しないように!)

 ・一白水星・四緑木星・七赤金星=新しい知識(情報)
 ・二黒土星・五黄土星・八白土星=新しい縁  (人・者・場所)
 ・三碧木星・六白金星・九紫火星=新しい役割(役職・立場)


▼2.先天盤対中、表裏が転じる10年間の積み重ね


 ・レジュメNo.10
 ・暦=盤(盤を時系列で並べたものを暦とする)
 ・対中とは盤の上で気と気が向かい合う関係性(例外:中央は“その気”が対中)

 例)先天盤対中の縁=先天の縁(運命のバランスを整える存在)

  ※五黄土星の男性=八白土星として見る
  ※五黄土星の女性=二黒土星として見る


▼3.先天盤対中を用いる必要性と必然性


 ・人は誰もが特定の欲を満たす為に(幸せになる為に)、運を良くしようと思う。
 ・その事を手に入れたくて頑張っているのに、直接的に手に入れようと思うと、うまく行かないことがある。
 ・そんな時に、先天盤対中で裏の気を確認し、用いる(裏を見る)。


▼4.先天盤対中の家相への応用


 ・目的とする気の裏を利用し家相を整える(綺麗に掃除をした状態で10年間生活する)
 ・北=一、南=九
 ・東=三、南東=四
 ・南西=二、北西=六
 ・西=七、北東=八

気楽


今回も、休憩時間を利用して、お花見抽選会を。
オーガニックな梅を使って手作りした、ホット梅酢を飲みながら。
お花見


次回は2015年4月17日(金)。


レジュメNo.11の中から、


『本来の運気の発動条件』


をご紹介する予定です。


僕たちが普段、吉方位に出かけたり吉家相の家に住んだりして、
一生懸命にエネルギー補給をしたとしても、
そこで受け取ることができる幸運は、ほんの一部のみです。


潜在的に眠る大きな力を引き出すための方法論、
というのが、次回のテーマです。


それでは☆