九星学


持って生まれた性格や才能は、
容易に変えることのできない先天的な個性。


性別や肌の色や骨格なども同様。
自分で勝ち取ったものではなく、
好むと好まざると与えられた運命。


九星学では、この与えられた先天的運命を、
生まれた年によって推測します。


それが9種類の本命星。

★本命星の特色

一白水星:自立の星
二黒土星:仕事の星
三碧木星:挑戦の星
四緑木星:交際の星
五黄土星:適応の星
六白金星:協力の星
七赤金星:洗練の星
八白土星:補佐の星
九紫火星:知性の星

※それぞれの星には上記以外にも多くの個性があります。



一方。


生き方や価値観は後天的な人生の紆余曲折の過程で、
大いに変化し、9種類などで納まらず、千差万別。


人を見る目や食べ物の好みや髪形やファッションや、
聴く音楽や付き合う人脈や過ごす環境は、
時代の流れと共に緩やかに、または急激に変わるもの。


運勢学では、この移ろい流れる後天的運勢を、
こよみによって推測します。


変わらない自分。
それを知る目安である、本命星。


変わっていく生き方。
それを知る目安である、こよみ。


そのとき。


自分自身は変えられなくても、自分の生き方は変えられます。


変えたい自分があったとしても、
それは長所も短所も含めて自分自身。


その自分で生きていくしかない以上、
受け入れる所から始まる運がある。


けれど、変えたい生き方があるならば、
時の流れに合わせて、乗ったり反ったりしながら、
変えることは可能です。


生き方を変えようと思うのならば、こよみを開き眺めれば、
いつ、どんな流れに身をゆだねれば良いか、
そのヒントをそこに見つけ出すことができます。


変えるつもりがなくても変わるのが生き方。


自分はそのまま変わらなくても、
生き方は変えざるを得ないこともある。


年齢と共に。
環境と共に。
時代と共に。


そんな『変化を前提とした生き方』を、
より良い方向に導くヒントの1つが、こよみ。


特に、年の運勢。
次に、月の運勢。


年月の運勢を眺めながら、春夏秋冬や時代ごとの流行に逆らわず、
自然の成り行きに合わせていくことで、
歳を経るごとに素敵な生き方が、身についていくのだと思います。


それでは☆


【告知】講座のお知らせまとめ@千代田


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。