僕が担当する中では、最も深くマニアックな知識をご紹介する講座です。

★九気の応用2

日程:毎月第1・第3土曜日
時間:19時00分から20時45分
場所:群馬県富岡市 西企画
料金:2,160円/月



今回の内容は。

▼1.星の鑑定

・昭和46年11月19日生まれ
・十干が辛:かのと 強い意志、ただしやや頭が固め
・十二支が亥:いのしし 猪突猛進、一直線型
・本命星(才能):二黒土星=継続力(怠惰)、迷い(遅い、穏やか)、労働力
・月命星(行動):二黒土星=続ける、待つ、待ってもらう、働く
・傾向星(環境):五黄土星=個性が強まる、求められ役に立つ

※今回は、有名人ではなく、受講者様ご自身の生年月日を、例題としてご提供いただきました。


▼2.2016年の運勢

・二黒土気の年
・古い:昔から続く
・慣れた:いつも通りの
・安定:変わらぬ当たり前
・上記が重要になり、選択の基準となる。ただし、どれも倦怠感や停滞期のリスクあり。


▼3.同会の応用(レジュメNo.20)

・暦を読み解く上での優先順位は、対中、同会、被同会
・対中が対処のヒントなのに対し、同会や被同会は運勢(自然の流れ)のヒントとなる。
・先天盤と後天盤を重ねることで世の中の仕組みが分かる。
・後天盤と年盤と重ねることで年の運勢が分かる。
・年盤と月盤を重ねることで月の運勢が分かる。


▼4.九気の関連性

・先天盤と後天盤を重ね合わせることで、世界の仕組みを読み解く。
・六白金気と九紫火気の共通点は、先天後天南という所から来る。
・二黒土気と一白水気の共通点は、先天後天北という所から来る。
・九紫火気と三碧木気の共通点は、先天後天東という所から来る。
・一白水気と七赤金気の共通点は、先天後天西という所から来る。
・七赤金気と四緑木気の共通点は、先天後天巽という所から来る。
・八白土気と六白金気の共通点は、先天後天乾という所から来る。
・四緑木気と二黒土気の共通点は、先天後天坤という所から来る。
・三碧木気と八白土気の共通点は、先天後天艮という所から来る。
RIMG0129


次回は2015年3月7日。


レジュメNo.21から、様々な例題を用いて、
より深く、先天盤と後天盤の重なりの意味をご紹介する予定です。


それでは☆