『できることをできるだけ』


それは、幸運と良縁を手に入れる上で欠かすことのできない感覚。


『どんなに理想の正解でも、できないことなら無理はしない』


そうやって、分相応の範囲内で選ぶ答えこそ、
最も自分に適した運の良い道だと思います。


出来ないことばかりをあれこれ考え、
何も出来ないでいる内は、当然、運は動きません。


自分にとって、現実的かつ具体的にできることを、
自分にとって、無理なくできる範囲内で、やってみる。


例えそれが他人から見て取るに足りない小さなことであったとしても、
できることを『やった』という事実と実感は、
大きく運の流れに作用し、好転のきっかけとなり得ます。


★何から手をつけたら良いのだろう?
★どれを最初にやるべきなの?
★今、最も優先すべき事柄ってどれ?


そんな風に、不調時において、自分の判断に自信が持てず、
優先順位の付け方を見失ったとき。


『できることをできるだけ』


という感覚を、思い出し、取り戻して吉。


実際の現実生活や仕事現場における優先順位は、
なかなか紋切り型では決まらず、
その多くがケースバイケースとなるのでしょう。


『これさえやっときゃ間違いない』


という答えはない、ということ、承知しています。
場合によっては、考えても考えても決められないケース、
あって当然だと思います。


けれど。


運の優先順位はシンプルです。
色々な吉とか凶とかの理屈がある中で、


『自分にとって無理なく実践可能なもの』


から上位となります。


どんな立派で正統で有効な手段であろうと、
過剰な無理を要するものに手を出すのは禁物です。


優先順位そのものは、運の世界だけでなく、
どんな分野においても常に求められる、
欠かすことのできない大切な考え方だと思います。


自分にとって重要な判断であるほどに、
選択のための順位付けをせざるを得ない場面があって。


4番目や5番目の吉を神経質に気にしてパーフェクトを目指す前に、
まず1番目と2番目を確保する工夫をして吉。


では、その1番目や2番目とは何なのか?


そう問われた時。


理想の吉より可能な吉を選んで吉。
立派な幸運より身近な幸運を優先して吉。
机上の空論より実践できる現実を大切にして吉。


そこを分別できて始めて、そのリアルライフの中に、
運という要素を取り入れられるようになるのだと思います。


それでは☆


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。