今年から、群馬県富岡市の西企画にて、
弊社スタッフ総力を結集し、新しい試みを全部取り入れていく、
新しい講座が始まりました。


最も特徴的なこの講座だけの工夫として。


西欽也と西敏央が2人でコーナーを分けて担当します。
年に1度のイベントである新春開運講座以外で、
2人で一緒にお話をする講座は、ここだけです。


★ずっときほんの講座

日程:2015年2月5日(毎月第1・第3木曜日)
時間:9時30分から11時15分
場所:群馬県富岡市
料金:2,160円(2,000円+消費税)



この日ご紹介した内容は。


▼1.九星の特色(西欽也担当)

・一白水星から九紫火星までの9種類の特色
・人は“らしく”ないと生きれない。
・一白水星は美人の星。そこから麗人(れいじん)→佳人(かじん)へと成長する。
・四緑木星は風の星。その時、その場の雰囲気をとらえる。男女関係なく長女の星。
・七赤金星は我がままな星。我がままであるために、自分らしさを認めてもらえるよう、礼が必要。
・二黒土星は大器晩成、継続の星。大企業の社長に多い。自分は未熟であると自覚すると運が良くなる。
・五黄土星は役に立つ中心の星。逃げない。起きたこと、起こしたことに対処する。
・八白土星は後継者の星。向上心が大切。人を支える補佐役。
・三碧木星は開拓者の星。元気。活発。言葉の影響力が強い。意外と神経質。
・六白金星は主人の星。団体の中で統率力を発揮する。ただし自分勝手な所もある。
・九紫火星は上に立つ指導者の星。自分の知識を正しく人に伝えるのに適した星。


▼2.九気暦(西敏央担当)

※この講座では毎回九気暦を使うので忘れずお持ちください。

・自分が生まれた年の八角形の真ん中にある漢数字が、自分の星を示す。
・九気暦を用いると、自分の正しい干支(えと)も分かる。
・干支とは、十干と十二支の組み合わせのこと。
・十干とは、木・火・土・金・水のどれが自分の運に影響しているかを知る目安。
・十二支とは、人柄や動きを動物で擬人化した目安。


▼3.今月の運勢(西欽也担当)

・2015年2月の注意事項。困難、問題をしっかり見つけて対処する。
・2月17日の甲子の日。今年最初の事始めの吉日。
・日盤五黄土気の日に、要らないものを処分する。


8時頃から降り始めた雪も、講座が終わる頃にはみぞれに変わり、
道に積もるまではいかなかったので、良かったです。


不安定な天気の中、お越しくださいまして、
本当にありがとうございました。


ずっときほん第1回


次回は、2015年2月19日(木)。


1.テキスト『きほんの“き”学』の第1章、本命星の特色。
2.九気暦『生まれてから死ぬまでの大きな流れ』。
3.2015こよみ『3月の運勢』。


をご紹介する予定です。


スタッフ一同、準備を整えてお待ちしています。


それでは☆