運という観点から見ると。


汗や涙は水のお清め。


『氵(さんずい)』


からも分かる通り、水気の浄化。


また、発熱は火のお清め。


怒って頭に血が昇るのもそう。


穢れを焚き上げる火気の昇華。


外傷による傷口や、
運動による筋肉痛などで、
体が熱を持つのも同じ。


浄化も昇華も、
自分で自分を清めるための、
生命の営み。


だから無理に止めず、
不自然に抑制しようとせず、
出せるものは出した方が、
運が清まります。


泣けるときに泣いて吉。


怒れるときに怒って吉。


もちろん、どちらも過剰なら凶。


多汗症や、連日の高熱は、
対処・応急処置・治療を施して吉。


脱水症状を起こす程の浄化や、
心身の限界を超えた昇華は、
生理的現象であったとしても命取り。


ただし。


治療を受け、抑制すべきなのは、
浄化と昇華そのものではなく、
過剰になってしまっている、
限度を超えた部分のみ。


汚れは水で流した方が良いし、
熱で消毒した方が健康です。


そして。


浄化のためには、
自分に十分な水気があることが条件。


浄化の後に補給するのではなく、
浄化のために満たしておく必要があります。





また、昇華のためには、
心も体も温めるのが効果的。


打ち身や捻挫、火傷などの外傷などは、
一時的に冷やすべきですが、
プロスポーツのような激しい競技の現場でも、
運動後のアイシングは、
時と場合が選ばれるようになってきていて、
逆に温める温熱治療も推奨され始めています。


お腹を温めるのは特に大切。


女性だったら、子宮を。


男性だったら、胃を。


足首を温めるのもお勧め。


西欽也は、健康のためというより、
運のために足湯を猛プッシュしています。


浄化と昇華は、
物や場のお清めに用いられるのが、
通常だし一般的。





その際は、水と火を用いるわけですが、
人の体は、そのお清めの機能を、
生まれながらに持っています。


ところが。


医療の発達、医薬の普及と共に、
自然治癒力は弱まってきています。


手術や投薬により、
浄化と昇華を押さえ込む治療が、
主流になった結果、
使われなくなった機能が、
鈍ってきているのだと、僕は思います。


繰り返しますが、
過剰な症状を放置するのは、凶です。


でも、悲しみや怒り、
涙や発熱そのものが、
凶ってことではありません。


自分で自分の運を綺麗にする力、
大切にして吉。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。


★ゆうきこよみ2021のご注文はこちら

ゆうきこよみ2021は1,200円。

(別途消費税+送料)

メールでのご注文を承ります。

※卓上calendar2021は完売しました。

ゆうきこよみ2021メールオーダー


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法