今、目の前で起こった、
嬉しいことや辛いこと。


その瞬間の一場面のみ切り取っても、
運の良し悪しは分かりません。


★過去:それまでにどんな経緯があったのか
★現在:具体的にどんなことが起こっているか
★未来:その後にどんな展開が待っているか


この3つを繋げてみて初めて、
吉凶を判断することができます。


運の吉凶は前・中・後の、
どれか一箇所のみで決めると間違えます。


バタフライエフェクト

ある場所での、
小さな蝶の羽ばたきが、
遠く離れた別の場所における将来の天候に、
大きな影響を及ぼすかもしれない。


それがバタフライエフェクトという考え方です。


通常は見落としている、
気づくことさえできない、
また気づいても軽視してしまうような、
小さな動き・出来事・言葉。


それが思いもかけないような、
大きな展開へと繋がることもあり得る、
という例え話であり思考実験。


最初の段階においては非常に微細な差異も、
時の経過と共に様々な要因を巻き込み、
それが別の要因を引き起こしていって、
予想もつかないような大きな出来事へと発展する。


そんな可能性が、この世界には確かにある。


原因と結果の間には、
意外な関連性があるという流れ。


運の世界においても同じように考えます。


風が吹けば桶屋が儲かる

ある1つの場面における、
何気ない事象の発生により、
全くの無関係だと思えるような場所や物事が、
意外な影響を受けることもある、
という日本の江戸時代のことわざ。


それが。


風が吹けば桶屋が儲かる。


僕は、風が強くなるとみんなが風邪をひき、
体調を崩して中には亡くなる方もいて、
棺桶がいっぱい必要になる。


という認識だったのですが、
そこには諸説があるようで。


もっと回りくどい説も見つけました。


全部で9ステップです。


1.今日、大風が吹く。
2.土埃が舞い、人の目に入る。
3.目の患いが起こり、盲人が増える。
4.(江戸時代においては)盲人の着く職と言えば三味線弾き。
5.三味線が多く売れるようになると、その材料となる猫の皮が必要。
6.そのせいで猫が減り、逆にネズミは増える。
7.増えたネズミが、各家庭の桶(箱)をかじり穴をあける。
8.人は桶を求めて買いに走る。
9.それを商いにする桶屋は儲かる。


風と桶。


全く異なる2つを結ぶ、
紆余曲折を描いた物語。


始まりと終わりの間にある、
過程を紐解いていけば、
そこに納得の展開が見つかるという話です。


人間万事塞翁が馬

じんかんばんじさいおうがうま。


中国の故事成語(昔話から生まれた教訓)。


人の幸運や不運は、
誰にも予測できないもの、
という先人からの戒めの具体例。


目先のことだけで一喜一憂し、
その場ですぐに効果測定したがる人への、
お説教というか助言。


1.老人の持ち馬が逃げた(不運)
2.逃げたはずの馬が良い馬を従えて帰って来た(幸運)
3.その馬に乗っていた老人の息子が落馬し怪我した(不運)
4.そのおかげで息子は徴兵されずに済んだ(幸運)


実際はもっとドラマチックな物語。


興味のある方は検索してみてください。


なんなら学校の教科書にも書いてあるような話です。


要するに、起こった出来事のその時点での良し悪しを、
人生の良し悪しと結びつけようとするのは、
ちょっと短絡的じゃないかってことで。


それでも感情は制御できないのが人。


だから毎度、一喜一憂しますよね。


僕もそうです。


全体を流れで読む

上記に挙げた3つの話は、
共通する運の法則があります。


運の吉凶とは、一連の流れを、
始めから終わりまで通しで眺めてこそ、
正しく読み解くことができる。


というやつ。


途中で起こる、ある場面だけを切り取って、
吉とか凶とか言っても、
それはその瞬間の一側面でしかありません。


それで全体像の本質を見極めた気分になるのは、
大きな誤解だから注意が必要です。


ぺらぺら漫画の1ページだけ見ても、
そこに何が書かれているかは、
通常、分からなくて当然です。


映画のオープニングだけ見て、
作品そのものを批評するなんて無礼・下品。


人生に起こる様々な出来事の、
1つの場面だけで幸せや不幸せを語るのは、
あまりに視野が狭すぎます。


スタートの是非だけで、
その後の未来の全てを占うのは、


★短距離走
★短期決戦
★単発勝負


でない限り難しいです。


途中経過が分かっても、
全体像は読み切れないし、
怪我の功名や、結果オーライなんてことは、
本当によくある話で。


一部を切り取らず全体を流れで読む。


これは運と向き合う上で、
欠かすことのできない、
非常に重要な心構えです。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法