九星学


三碧木星と四緑木星は、早くから世に出た方が良い早熟型の運気。


10代から勇気を出して恐れず世に出て、
世界を広げ、自分を試し、若いうちから外で活躍して吉。


今は、大学進学が特別なことではなくなってきているので、
20代後半から世に出る新人も少なくないはず。


自分が三碧木星・四緑木星であったならば、
早熟型の運を意識した上で、


『学生気分』


からなるべく早く抜け出し、活躍の場を切り開くのが、
良い成長の軌道へと繋がるはずです。


一白水星と九紫火星は、中年期において最も学びと成長がある中年型の運気。


30代から40代にかけての学びや経験が、
自分らしさの育成と実力の向上に役立ちます。


小さな頃からスター街道を突き進む必要なし。
なんなら、若い内はいい加減で楽観的くらいが丁度良し。


けれど、感性も経験もホルモンバランスも落ち着き始め、
落ち着いた大人の男&女になった頃合いになったら、
真剣に仕事・生活・交際と向き合い、一生懸命生きることが大切。


そこで、自分の未来の方向性を見定めた上で、
これからの生き方、学び方、経験の積み方を選び、
ブレないライフプランを手に入れて吉。


六白金星と七赤金星は、50代から60歳で自分らしさが整う壮年型。


色々な年代を経験し、多くの立場を経て、
ようやく本来の自分らしさを手に入れ、
本当の運を発動させるタイプです。


青年期は、そのための準備運動みたいなもの。
中年期は、試行錯誤の中で、経験を積めれば十分。


今まで集めて来たパズルのピースが揃い始め、


『なるほど、これまでの人生とは、ここにたどり着くための伏線だったか』


と、物語がまとまるのは、還暦の頃が目安です。


最後に。


二黒土星・五黄土星・八白土星は、死ぬまで成長を続ける大器晩成型。


・もうここまで
・これ以上は無理
・年齢が邪魔して


ということは、ない星。


もちろん、加齢による肉体的な衰えや、年とともに弱る気持ちの張りは、
認めるしかない、という人もいるかもしれません。


けれど、運に関しては、年を重ねるごとに、尻上がりに勢いを増し、
どこまでも成長を続ける大きな器が備わっています。


20代より30代の方が、運勢は強いです。
40代より50代の方が、自然との親和性は強まります。
60代に入ってようやく、追い風や良い波を乗りこなせるようになり、
70代に入ってなお、ツキを味方に付けて世界で戦えるタイプです。


以上、本命星別の、頑張り所であり、成長のチャンスに関して。


星が違えば、運は違います。


一生頑張り続ける使命が課された星はいません。


かといって、一生怠けていても問題ない、という星もいません。


星ごとに備わった、自分らしさを手に入れる開運期を確認し、
それぞれの人生を、それぞれに戦って吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に、2018年1月から始める、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。
現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長

★千代田講座2018

2018年度の東京で定期講座。
下半期の全日程が決まりました。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セットでのご予約は2ヵ月前から可能です☆

★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

これまでは、
会いに来ていただくのみだった、
こよみを読み解く講座。

これからは、会いに行きます。
呼んでください。
こよみ呼び。


★質問専用エントリー2018

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法