九星学


個人的な話。


一白水星の方を目の前にすると、緊張します。
また、三碧木星の方を目の前にすると、気を抜けないなと思います。


理由はどちらも同じで、


『(見た目とは無関係に)(むしろ反比例するかのように)傷つきやすい星』


という九星学の情報を知っているからです。


『割れ物注意』のシールを張り付けておいて欲しいです。


これも、個人的な話で。


二黒土星や四緑木星の方を目の前にした時は、見た目に騙されず、


『この方々は非常にガッツがあって攻撃力も高く、強い星だ』


と自分に言い聞かせ、ナメてかからないように気持ちを引き締めます。


これも、九星学の知識があればこそです。


柔らかく穏やかな物腰から、ナメられやすい星ですが、
ナメて損をするのは自分の方だし、
それでお互いの縁が穏やかになるなら、願ったり叶ったり。


またまた、個人的な話を。


六白金星と八白土星の方は、理屈っぽくて、お付き合いが面倒くさいです。


ただ、それを面倒だと感じるのは、
自分の方の理論や筋道や順序に乱れがある場合が多いです。


『起承転結が整い、理に適った、筋の通っているやりとり』


があれば、かなり円滑な関係性を築くことができます。


というのもやはり、九星学の知識を踏まえ、僕が決めつけたこと。


六白金星は理の星で、八白土星は義の星。


筋を通してこその、理解と共感。


上記は全て、僕の個人的な感覚であり、
ある意味、人に対してつい持ってしまう偏見や固定観念です。


ただし。


1.どれも基本的な九星学の知識を根拠としていること。
2.決めつけてはいるけれど、相手に迷惑はかけていないこと。
3.その先入観が、自分の姿勢を正すきっかけになっていること。


という点において、非常に有効な色眼鏡として機能しています。


・九星学を個人的に曲解し間違った頭で勝手に人を評価する。
・その決めつけによって、相手を傷つけ迷惑をかける。
・その先入観によって、本来のあるべき姿勢が崩れ乱れてしまう。


そうなってしまったら、九星学は害悪以外のなにものでもなくなってしまうと思います。


粗悪な偏見や固定観念、先入観の原因になってしまう九星学ならば、
一生知らない方が、自分も他人も幸せになれます。


ところが。


そんな悪い意味での九星学の使い方を、昔から現在まで、
しばしば目にしたり、耳にしたりすることがあります。


『あいつは、一白水星だからダメだ』
『本当に、二黒土星って、なんでああなんだろ』
『いやあ、三碧木星の人って、根っから苦手で』


って言いながら、曲がった個人的応用の九星学を理由に、
他人に迷惑をかけたり自分の姿勢を乱したりするのは、
運が悪くなる恐れが非常に大きいので、気を付けた方が良いです。


九星学という知識は、その他の様々な情報と同じで、
それを正しく学んでいない全ての人からすれば、
偏見であり固定観念であり、先入観であり色眼鏡です。


学校で学ぶようなオフィシャルな共有物ではなく、
あくまで個人的でプライベートな私有の判断基準です。


けれど、活かし方によっては、自他共に楽になる偏見です。


その固定観念によって、相手に敬意を払うことができたり、
その先入観があるからこそ、配慮をすることができたり、
その色眼鏡によって、自分の背筋を伸ばすことができたりするならば、
学ぶ価値のある非常に素晴らしい指針になってくれます。


九星学による決めつけ、上等です。


ただし、それが悪く作用してしまうのは、下等です。


個人的に、九星学という知識を、どんなフィルターにして世界と向き合うか。


学ぶ全ての人に問われる課題だと思います。


それでは☆


【質問専用エントリー5】
ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。