・モノ
・考え
・方法


どんなことにも当てはまるのですが、
捨ててしまう、というのは、とても良いデトックスであり、
お清めの方法になると思います。


お清めは、水を用いる浄化と火を用いる昇華が一般的ですが、
捨てるという行為もまた、蓄積し停滞の原因となった悪い気を、
祓い清めるのに非常に効果的だと考えられます。


強いショックを受けて立ち直れないほどの、
本当にBADな出来事があった時、


★伸ばしていた髪を切る
★その時に身に付けていた衣服を捨てる
★関連する思い出の写真を捨てる
★ダメになった事業や商品の書類をシュレッダーにかける
★売れるものなら質に入れたり下取りに出したりする
★間違った知識に見切りを付ける
★通用しなくなった方法を止める
★不良在庫を廃棄処分する


どれも、お勧めのお清めです。


特に、それで心や体が軽くなったように感じて、
1つの区切りのようなものをができたならば、
悪運が抜けて軽やかになった証です。


自分が抱えた負のエネルギーを、
いつまでも抱えていないで捨て去る勇気。


心に溜め込んでいないでリセットし、忘れる図太さ。


現代社会を清々しく生き抜く上で、どちらも必要。


そして、その強さを引き出すための儀式として、


『そういう意識で生きる』


という概念だけで終わらせず、実際に何らかの物質を捨てるのは、
とても良いお清めの具体策になります。


やっぱり、口だけで宣言したり、決意だけ固めるのではなく、
思い切って捨ててしまう方が、効果は高まります。


『失恋して髪を切る』
『失恋して思い出の写真を捨てる』
『別れた恋人からもらったものを売り払う』


など、恋愛にまつわる様々な区切りのための良くある話は、
実際に良いお清めとなって、次の出会いに好影響を与えると考えられます。


その応用として。


病気や怪我の治療のため入院が必要となった場合。


★パジャマ
★靴下
★タオル


など、入院生活のために準備して、病院内で利用したものは、
捨てて帰ってくることができると、良い厄落としになります。


だから、新品やお気に入りは、あえて持ち込まず、
あえて安物や使い古しを持ち込み、
惜しみなく捨てて退院できるように準備するのが素敵。


特に直接体に身につける下着(肌着)の破棄は効果大です。


自分の運が悪い時は、その悪運が自分の周囲の持ち物にも乗ります。


また、運が悪い時には、悪い気を予め備えたモノが周囲に集まり始めます。


本当にお気に入りの衣服やアクセサリーならば、
捨てるのではなく、浄化や昇華などで清めることで、
再び利用するのは、大いにありだと思います。


けれど、捨てるべきだし、捨てられるのに、いつまでも捨てないでいるのは、
そのこと自体が悪運だとも言えます。


お清めの儀式としての廃棄の応用は、
断捨離大好きな日本人にとって、
ずっと昔から途切れず続けられてきた、
今も十分に通用する方法だと思います。


それでは☆


【質問専用エントリー5】ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。