南とは、他の方位と比べて作用が強い方位。


そのバランスを整えるために必要なのは、正反対の北。


南のエネルギーが過多になり、北のエネルギーが過少となった場合、


★プライドが邪魔になる
★神経過敏になる
★ストレスを感じやすくなる
★不安が膨らむ
★感情的になる


などのリスクが考えられます。


上記の怖い所は。


吉と凶のバランスによって生じる作用ではない、という部分。


吉なら、大丈夫、凶だと大変、ではない。


吉だろうが凶だろうが関係なく、南が過多ならリスクが発生します。


だから、北のエネルギー補給が非常に重要な『南を活かす条件』となります。


方位学を用いて運を推測する場合。


現時点で、神経過敏やストレス・不安に心当たりがある場合は、
南の凶エネルギーの摂取か、南の過剰摂取に加え、
北の吉エネルギー不足まで考慮する必要があります。


西企画において、上記の知識は、応用ではなく、基本です。


南北のエネルギーは繋がっていて、不可分の存在ですので、
例えば初期や初歩や基礎的な段階から、分けて考えることはないです。


南という吉方位の過剰摂取や、凶方位の悪影響、
または北の吉エネルギー不足が原因となって、
上記に挙げたような精神的&感情的トラブルが発生した場合、
そこで求められる対処とは、南北のバランスを良く整えること。


1.南は仮に吉であったとしても、それ以上取らない方が無難。
2.しっかりと条件となる北のエネルギー補給を優先。
3.その後、十分な北を確保してから、改めて南を目指し直す。


という計画性が大切です。


方位には色々なバランスの秘訣や上級活用がある中で、
この南北のバランスだけは、応用ではなく基本とし、
早い段階で意識できると安心だと思います。


それでは☆


【質問専用エントリー5】ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。