継続は力なりとは言いますが、
また、仰る通りと頭では理解していますが、
なかなか難しいのが、根気良く続ける地道な積み重ねってやつで。


現実的にやむを得ない障害や干渉があるならば、
意志があっても続けられなくて当然。


それは、仕方のないことです。


けれど、続けようと思えば続けられることが続かないのは、
飽きてしまったことが原因である場合が多い。


人って、仕事でも習慣でも人間関係でも、
必ず倦怠期というか、馴れ合いというか、
継続力が弱まるタイミングというのがあって。


そういう時には、何事も途切れてしまいやすくなる。


これは、星の違いに関係なく、全ての人に平等にやってくる試練。


乗り越えるためには二黒土気のエネルギー補給が必要になります。
二黒土気を原動力にすることで乗り越えることが可能と考えられます。


ところが。


この二黒土気のエネルギーの有無とは無関係に、
なぜか途中で終わってしまう流れというのもあって。


続けようと思えば続けられるのに続かない何か。


それを星別に分析してみると、主な理由は以下の通り。


一白水星・四緑木星・七赤金星が続けられないのは、
興味を持てないことに気付いてしまったから。


飽きたというより、


『これ、自分に合わない』


ということが、ようやく分かったから。


二黒土星・五黄土星・八白土星が続けられないのは、
特に必要に迫られなくなったから。


飽きたというより、


『続ける必要がなくなった』


という現実ゆえ。


三碧木星・六白金星・九紫火星が続けられないのは、
次の興味を見つけるまでのタームが短いから。


飽きたというより、


『もっと興味を持てることが見つかってしまった』


というだけの話。


何を取捨選択するかは星の個性。


継続は確かに1つの大きな力ではあるけれど、
続けない選択もまた、確かな力になり得ます。


自分の星らしく続け、また星らしく終えて、
どちらの力も上手に活かして吉。


それでは☆


【質問専用エントリー5】ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事とは関係のない内容でも、
こちらにコメントいただければご返信致します。