こちらはラボメンバー限定記事となります。


『ラボってなに?』


という方は、以下のリンクのご確認を。



九星学

能力的にも人格的にも優れている、
尊敬せざるを得ないような、
素敵な上司や経営者と出会い、
その下で一緒に働く機会を得るという経験は、
様々ある幸運の中でも、
最上級に分類される素晴らしいラッキーです。


それはもはや奇跡と言っても良いくらい。


残念ながら滅多にない幸運です。


なんなら、まあまあの上司でも、
十分に運が良いほどです。


例えば、弊社の代表取締役兼父親なんて、
考えているようで考えていない、
テキトーな性格の持ち主であり、
ああ見えて意外にせっかちで、
周囲に迷惑をかける面倒な存在ですが、
まあまあの上司だから、僕は幸運です。


短所を補って余りある、
人格と魅力が備わっていると認めます。


けれど、周りを見渡してみると、
奇跡の上司、またはまあまあの上司など恵まれず、
苦労している方をしばしば見かけます。


明らかに人格的・能力的に欠陥のある、
おかしな輩が謎の出世をし、
サイコパス経営者が社会的成功をおさめる現代。


僕自身は大きな被害にあったことがないので、
あくまで伝聞ですが、ひどい話はいっぱいです。


ネット検索しなくても、
ごく身近なところで、
腐った上司によるトラブルで悩む方、
比較的簡単に見つけられます、残念ながら。


だから僕達は、
幸運の上司との良縁を、
ただボーッと待っているだけではダメです。


自ら努力を重ね、
素敵な上司との縁を、
たぐり寄せる必要があります。


★素敵な上司に選んでもらえる自分になる
★素敵な上司が集まる職場を探し選ぶ
★自分自身が素敵な上司になる


などの現実的な課題とは別に、
運の努力も重ねていきましょう。


そのためには、
六白金気と九紫火気の、
2種のエネルギーを呼吸して吉。


詳しくは以下のエントリーで。





あと、忘れちゃいけないのが、
何を持って素敵な上司と判断するか。


自分が未熟だと、
良いものを良いと評価することができず、
魅力的で有能な尊敬すべき上司でさえ、


『あいつ、なんかうぜー』
『口うるさく厳しくてやだ』
『何となく雰囲気的に好きじゃない』


みたいな感じになってしまい、
自ら疎遠しちゃうケースもあります。


『自分は恵まれていたんだな』


と職場を離れた後に気付き、
ガッカリ後悔するのは切ないです。


ブラックで非常識なのは問題外ですが、
厳しい態度や指摘、
未熟者には分からない考え方や動き方、
部下を思っての嫌われ役などは、
どれも優秀な上司の特徴の1つです。


本当に優秀な上司は、
それさえ誤解なくこなし、
より多くの部下の信頼と尊敬を集めるのでしょうが、
それこそ、そんな人と巡り会える奇跡は、
ほとんどないから、期待し過ぎはワガママ。


だから、まあまあの上司を見つけたら、
簡単に見切りを付けない方が無難です。


じゃあ、どんな視点で、
上司と向き合うべきなのか?


運のヒントが欲しいならば。


そんなときに役立つのが九星学です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。