結婚という夫婦の共同作業における、
縁起の良い計画の立て方に関して。


・婚約(結納)
・結婚式(披露宴)
・入籍(そのた書類事)


など、様々な吉凶判断の節目があり、


『それら全てが夫婦どちらにとっても吉』


となったら、確かに理想ではあります。


けれど、なかなかそれが難しいのは、ご存知の通り。


だから、どこかで妥協し、融通を利かせ、
その代わり、どこかでは譲らず、押し通す強さが必要。


その時。


夫婦の未来を見据えた場合、最も重視すべき優先事項は、


『同棲(転居)の時期と方位』


だと考えます。


仮に『凶』だった場合、対処が必要となるのは、
結納でも式でも披露宴でもなく、
二人が住居を共にする『同棲』のみ。


凶時期に結納をしたり、凶方位で披露宴をしたりしても、
それが現実的に無理のない自然な流れでできたことならば、
変に神経質になって対処をする必要なし。


なので、予め吉で同棲を済ませているカップルが結婚する場合、
以降の計画は心配はグッと減り、とても楽になります。


無理なく現実優先で進んで大丈夫。


新婚さんが運を意識する場合、
優先すべきは方位よりまず時期。


方位の対処は比較的簡単。


吉方位へ行けば良いわけですが、
新しい夫婦は一般的に、
未来における複数の節目に恵まれ、
軌道修正や微調整の機会が多いでしょう。


例えば、新生児の誕生に合わせて、
より広いアパートに転居したり、
お金をためて新居を建築(購入)したり、
転勤や進学に合わせて、
住環境を変えたりすることも考えられます。


そういう節目の機会を活かし、
今が仮に凶でも、次を吉とすれば、大丈夫。


仮に、結婚するカップルが吉転居をできなかった場合。


未来のチャンスがゴロゴロあることを前提に、
時期を大切にしながら、まず、


『一時的な拠点(新婚生活の場)』


を手に入れるのが良いと思います。


その後、新婚旅行などで吉方位を選ぶようにしながら対処を続け、


『終の住処を探す転居』


こそ、計画を立て段取りをし、
バッチリ吉を狙えば、未来はちゃんと素敵。


上記に関しては、以下のエントリーも、参考にしてみて下さい。


◆結婚の運の見所


そういうわけで。


運のウェディングプランを練る、
ピカピカな新婚のみなさま。


誰かや何かから、


『それは凶だ!』


と指摘され、
そのことで不安を膨らませる必要なし。


晴れやかなお祝いの雰囲気を、
汚されたような気分になるなんてことも不要。


もう既に過ぎてしまった、
過去の決断を後悔したりなんて、全く不必要。


夫婦で協力をし、明るい気持ちで未来を目指して吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に、2018年1月から始める、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。
現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長

★千代田講座2018

2018年度の東京で定期講座。
下半期の全日程が決まりました。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セットでのご予約は2ヵ月前から可能です☆

★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

これまでは、
会いに来ていただくのみだった、
こよみを読み解く講座。

これからは、会いに行きます。
呼んでください。
こよみ呼び。


★質問専用エントリー2018

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法