運を意識して人生設計をしていく場合。


時期も方位も地相も家相も何でも、吉で全て揃えるのは難しいです。


・結婚や離婚
・就職や辞職
・転居や建築
・投資や相続
・決断や選択


人生のあらゆる節目において、僕達の前には、常に凶の壁が立ちはだかります。


その時。


『吉を選ぶことができないから、凶を選ぶしかない』


という生き方になってしまうその前に。


あきらめるのではなく、プランの修正や延期すること。


とても大切だと思います。


行かない、ではなく、次に行く機会を探す。
やらない、ではなく、次のやる機会で頑張る。
やるしかない、ではなく、次のやる時を見つけ、そこで実行する。


そして。


今回、使うはずだったエネルギーを、未来の次の機会のために、貯蓄する。


そういう風に、第2、第3の選択肢を視野に入れることができると、
僕達の生き方は、かなり軽やかで自由になると思います。


例えば、旅行の場合。


行きたい場所が凶方位だったとして。


『(だから)行かない』
『(それでも)行くしかない』


とは別に。


今回、行ったということにして、その分の時間とお金を、
未来のために貯蓄し、持ち越してみてはいかがでしょう?


いつがそこが吉方位になる時が、必ず来ます。


その未来の機会において、蓄えた資本を、解放する。


行ったことにして、かかる様々な経費を計算してみると、
お金も時間も労力も、結構なエネルギーが集まると思います。


それを、 今回ではなく、未来のためにプールする。


そうすることで、チャンスは潰れるのではなく、
むしろ広がり、豊かになり、濃くなると思います。


未来のための資本のプールは、あらゆることに応用できるわけでななく、
当然、やるしかない時や、延期がきかない場面もあるでしょう。


けれど。


規模を小さくしたり、リスクを抑えたりする修正は可能なことが多い。


常に、今、目の前の決断に全てを注ぎ込んでしまうと、
次にやってくる機会にかける力がなくなってしまいます。


お金と同じで、情熱やアイデアや運にも限りはある。


それを有効活用するためには、


1.使う
2.使わない


の白黒二択ではなく、


3.未来に使うために貯める


という第三の選択肢、検討してみる価値は、大いにあると思います。


それでは☆