毎年恒例、元旦の儀式的なエントリー。


初日の出の日光浴。


写真も撮影したので、以下に。


場所は快晴の群馬県桐生市、中通り大橋にて。


(機材:RICOH CX1)


初日の出の前に。


大晦日の夕日。
2013年最後の沈む太陽。
旧年中のご厚情に心より御礼申し上げます。
00.2013大晦日の夕日


そして一夜明けて2014年1月1日午前7時。
世界はすでに明るく、みんなが太陽の登場を待ちわびてる。
01.日の出前


ウェルカム太陽。
おはよう世界。
今日から始まる新しい未来。
02.顔出した


横から体を突き抜ける、強い光線。
03.半分


朝の太陽の光は昇華のお清め。
お焚き上げと同じタイプ。
穢れを払い、心と体と魂を綺麗にしてくれます。
04.4分の3


どんな去年であったとしても、
どんな今年になったとしても、
みんなの空に太陽は昇る。
明けましておめでとうございます。
05.あけましておめでとうございます



ここから始まる、みんなの未来が、
今朝の太陽みたいに明るくて、
今朝の空みたいに澄んでいますように。


ちなみに。
過去の初日の出はこちら。

◆2013年
◆2011年
◆2010年
◆2009年
◆2008年


撮影を済ませた後は、いつもと同様、光をしっかり浴びて腹式呼吸。
大勢の方がいる中、怪しく思われることも気にせず、
二度おじぎをし、二度拍手をして、最後に一礼。


元旦の儀式終了。


機会がなくて、初日の出を見逃したという方。


デジタルデータであっても、ちゃんとエネルギーはあるので、
このブログの太陽、ご自由にご利用下さい。
06.ご自由に



そして。


2014年における、全員共通の運のテーマは『人脈の伸展』です。


太陽とか、月とか、風だとか、森だとか、
自然からなるべく多くの力を借してもらって、
嬉しく縁を育てて参りましょう。


切っちゃだめ。
続けて吉。


それでは☆