方位

方位学の話。


南という方位には強い力があり、むやみに利用すると、
例え吉であったとしても、離別や炎上などの副作用が生じる。


というお話を、講座の中でしばしばご紹介します。


このblogでも、これまでに何度かエントリーしました。


そしてその都度、ワンセットでお伝えするようにしているのが、


『そこでバランスを整えるためには、北という方位を併用する』


ということ。


南を活用するためには、北がより重要。


それが西企画スタイル。


けれど、その説明だけでは足りないのがほとんどで。


特に“バランス”という言葉は非常に抽象的で、


『具体的にはどうしたらいいの?』


と戸惑ってしまう受講者の方が多いようです。


北が持ち手で南が火

南北のバランスに関する不安への問い合わせに対し、
副社長がなかなか上手い表現で対応していました。

北と南の方位のバランスはね、マッチ棒みたいなもの。
持ち手が北で先が南(着火部分のこと)。
十分な持ち手が確保できていないと火傷するでしょう。
持ち手が短くて火ばかり大きいのは危険です。



とのこと。その通り。


北がしっかり確保できてこそ、ほんのわずかな南が活きる。


住居も吉方位旅行も、南北のバランスはとても大切。


マッチの主役は火。


けれど、先だけでは誰も火を付けられない。


持ち手が長ければ長い程、より安心して着火・点火が可能。


実際に、安全性や利便性を考えて、
持ち手の長いマッチって、あるようですね。


ライターでも、持ち手と着火点が離れているものはあって。


つまり、南(火)の扱いとは、そういうものなのだと思います。


結果として北の価値が非常に高い(安全な持ち手の必要性)。


バランスを整える考え方

マッチに例えたところで、結局は抽象的な表現。


数値で具体的にご提案をすることはできないのですが、
でもマッチ棒のビジュアルをイメージすれば、
それは確かに南北のバランスを表しているので、参考になると思います。


南が吉方位となる方は、出かける前に、


1.自分には過去、北の吉方位へ十分に行った実績があるか?
2.自分は将来、北の吉方位へガッツリ行く予定があるか?
3.北の実績や予定がない場合、今回の南はどの程度に抑えるべきか?


ということを考慮できると、より良い理想のバランスに近づくはずです。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年下半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆