Twitterの方は、予定通り、
5月14日から再開ができたのですが、
blogの方が、だいぶ遅れて、今となってしまいました。


運の情報であるならば、スルスルといくらでも発信することができるのですが、
お待ち頂いた今日までの期間のことをご報告しようとすると、
どういうわけか、考えがまとまらず、書いては消し、書いては消し。


それでもなお、全然まとまらないエントリーになるとは思いますが、
よろしければ、もう少し、お付き合い下さい。


まず。


たくさんのコメントをありがとうございました。
1つ1つのお祈りが、全てエネルギーとなって、
今を頑張る原動力になりました。


逆の立場になった時、自分にも同じことができるのか、
考えてみるとちょっと自信がありません。


僕も、誰かが大変な時に、エネルギーを送れるような、
そういう人になりたいな、と改めて思いました。


次に。


『ペットの弔い』に関しては、長くなりそうなので、
今回とは分けて、明日以降、改めてエントリーしたいと思います。


そこでは私情ははさまず、客観的に、
西企画の考える手順や要点をご提案致します。


最後に。


運の情報をご紹介するblogを再開する前に、自分自身の節目として。


“しらね”というゴールデンレトリバーに関して少しだけ。


僕は彼女の小さな頃を知りません。
僕が4番目の主人で、その時、彼女は既に10歳を超えていました。


だからその時点で、彼女を迎えた最も大切な目的は、
残りの時間を一緒に過ごし、最期を看取ることでした。


『ゴールデンにとって、10歳から先は神様から与えられたプレゼント』


なんて言葉もあるらしく、あれから5年近く一緒に暮らせたことは、
もうそれだけで十分に幸運なことなのでしょう。


何より、最期の朝、異変を感じてから亡くなるまでの1時間を、
すぐ隣で穏やかに過ごすことができたのは、
決して当たり前ではない、特別なラッキーだと思います。


ただ。


僕の中では、彼女が亡くなってからも、ずっと引っかかる不安があって。


『本当にうちに来て幸せだった?』
『最後が西企画という家族で大丈夫だった?』
『もしかしたら俺じゃなくて前の主の方が良かった?』


そんな風に感じることが、時々あって。


周りに伝えると、すぐに、


『そんなことはない、そんなわけがない』


と、言ってくれるのですが、それはみんなのイメージで、
別にしらねの意見というわけではないでしょう。


しらねを看取ってもなお、火葬場でも引き続き、
その感覚がなくなることはありませんでした。


ところが。


彼女の遺骨を引き取り自宅に持ち帰り、
敷地内の庭の中でも特別日当りの良い場所に埋葬したその時。

虹



虹が出たんですよね。


写真では分かりにくいと思いますが、その場にいたみんなが、
ハッとするような綺麗な虹が、一瞬出て、すぐに消えました。


その時。


『ああ、しらねは、うちにきて良かったんだな』
『最後が俺で、良かったんだな』
『ちゃんと好きでいてくれてたんだな』


と、素直に納得することができて、心が澄みました。


そうしたら、これまでの色々な思い出が、
今までよりもっと素敵な感じでキラキラし始めてしまって、
そこからはもう『ペット』ではなく、自分自身の想いの弔いでした。


そんな自然の粋なはからいのおかげもあって、
上手に未来へ向かって早速進むことができそうです。


上に書いたことは、運のこととは関係ないことかもしれないし、
そもそも、かなり私的なことなので、blogに載せるべきかどうかは迷ったのですが、
知識としての弔いとは別に、そういうことも確かにあったと、
知ってもらえたら嬉しいな、と思って、何とか書いてみました。


これで明日からは、いつも通りの更新に戻ることができます。


ご心配をおかけしましたが、すっかり元気です。


繁忙の5月、張り切って参りましょう。


それでは☆


P.S.


しらねに頂いたお祈り、彼女にも確かに届いていました。


改めまして、本当にたくさんのコメント、ありがとうございました。


見つめるしらね