土用

どんなものも、人も、状況も、
長い間、継続的に使用していれば、
汚れや消耗も含め、
様々な負荷が蓄積されていきます。


それらの汚れや消耗は、
毎日、同じ種類の負荷が、
同じようにかかっているわけではありません。


例えば分かりやすいところで、
衣服を例にしてみると。


ブーツとコート。


ポロシャツと帽子。


カーディガンとスカート。


それらは、1年を通して、
常に同じように利用していて、
同じに汚れ、同じに消耗をしている、
ってことはないでしょう。


花粉の汚れをまといやすいものもあれば、
汗や臭いで痛みやすいものもあれば、
摩耗や傷などで疲労していくものもある。


それって車やバイクなどの移動手段や、
仕事で使う道具、
そして僕達のボディー&ソウルにも、
同じようなことが言えて。


つまり。


僕達は、春には春の負荷を抱え、
夏には夏なりの消耗をし、
秋には秋でまた別の疲れを積み重ね、
そして冬には冬らしいストレスを溜める、
ということになります。


そのとき。


春に春の消耗があること自体は、何ら問題なし。


春を過ごせば、春なりに疲れ、
春なりにすり減って当然。


むしろ、それは、
春を春らしく過ごせたことの証。


問題なのは、その春の汚れを、
夏に持ち越してしまうこと。


リスクとなり、トラブルの原因となり得るのは、
春の間に積み重ねた消耗を、
夏になる前にクリーニングできず、
その上に、夏の汚れや消耗を、
塗り重ねてしまうことです。


夏が上手に過ごせないのは、
夏の自分のせいではなく、
春を過ごすだけ過ごしたまま、
きちんとケアしなかった自分のせいです。


だから、土用を目安に、
手入れをするのが良いです。


土用という季節は、
春夏秋冬の間に蓄えた穢れを、
持ち越さずに落とすための最適期です。


そこで手入れができたら、
モノはまた本来の力を取り戻し、
お仕事してくれるようになります。


人間関係や事業などの、
目に見えないものも、同じです。


メンタルケアやボディケアも、
もちろんそうです。


春の汚れは、立夏を迎える前にデトックス。
夏の汚れは、立秋を迎える前に浄化&昇華。


土用にデトを済ませておけるからこそ、
春夏秋冬を、より自分らしく、
軽やかに過ごせるようになります。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。

★ゆうきこよみ先行予約限定セット販売開始

送料・消費税は弊社負担。
先行予約だけの特別なセット。
受付は2020年7月7日夜7時まで。

どうぞこの機会をご利用ください☆

基本セット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法