来週、2013年4月28日(日)の14時から、
東京都千代田区にて、無料の講演を開催します。


テーマは、弔いと供養に関してです。
西欽也が担当します。


定員は30名様なのですが、現在21名のお申込みがあるとのこと。


連休中の日曜日のご都合がよろしければ、是非、遊びに来て下さい。


そこで語られることは、弔いと供養の必要性です。


それは、決して、宗教的でスピリチュアルなことではないです。


全ての人にとって、いつか必ず必要になる、生きる術です。


弔いとは、上手に終わらせること。
供養とは、引き継ぎ繋げていくこと。


今、上手く終わらせられない人や、上手に引き継げない人が、
性別や世代関係なく、増えて来ていると思います。


それは、


★人間関係の終わらせ方と繋げ方
★仕事や役割の終わらせ方と繋げ方
★想いの終わらせ方と繋げ方


など、あらゆる分野において、です。


そして、やはり最も重要なのが、生命の終わらせ方と繋げ方に関して。


上手に生命を終わらせられず、かつそれを繋げていけない、
そういうケースは昔からあったと思うのですが、
現代において、特に目立ってきているように感じます。


どうして弔う必要があるのか?
供養をすることの意味って何なのか?


今、2013年というタイミングにおいて、
(有)西企画が最も大切だと思うことを、
4月28日という時間と場所をお借りして、みなさんにお伝え致します。


とは言え、欽也が担当することだから、
あんまり堅苦しくシリアスにはならないはずです。


儀式や社会通念としてではなく、より身近な運の整え方として、
弔いと供養という話、聴いて頂けたら嬉しいです。


詳細とご予約は以下のリンクからです。


◆特別講演『弔い』&お墓の鑑定@東京


それでは☆