2013年4月17日(水)5時25分頃から、
夏になる前の季節の変わり目、土用が始まりました。


『土用ってなに?』
『それって良いの悪いの?』
『鰻を食べろって、あれ?』


という方は、まず以下のエントリーをご確認下さい。


土用のまとめ


いつもだったら、


『心も体も魂も、そして世相も政治も経済も不安定になるから気をつけて』


という程度で、ざっくりとした注意事項の説明は終了ですが、
今年の土用は新陳代謝の作用が強いと予測しているので、
いつも以上に気を引き締めて毎日を過ごしたい所です。


とりあえず、今日を過ごしてみて、特にトラブルはなかったですか?


怪我や喧嘩やミスをしていませんか?


僕は、今の所、いつもの土用と、そこまで差は感じていません。


いつも通りの、イライラ具合と不安定感です。


ただ、ゴールデンウィークもごっそり含めて、
5月4日まで土用シーズンがまだまだ続くことを考えると、
初日を乗り越えただけでは、安心できないと思います。


土用には、悪いことばかりではないので、
トラブルのことばっかり先読みして不安になる必要はないのですが、
それでも、色々な出来事は、ネガティブに受け止められるような、
そういう表現方法で噴き出してくると思います。


その際、感情が不安定な状態で、土用っぽい出来事に接すると、
間違った判断や、大げさな反応をしてしまいやすいので、注意が必要。


★何度でも、確認する。
★頭を冷やす時間を作る。
★顔を洗って出直す。
★ストレス解消の時間を増やす。
★相手もイライラしているのだと知る。


そんなことを意識できると、余計な喧嘩や同じ失敗は減らせるはずです。


ムカつくハートや不安な気持ちは誰にも止められないでしょう。


ムカつくことがあれば、ムカついちゃうんだから。
気付いた時には、不安になっちゃうのだから。


問題は、そこから先。


ムカつくままに判断したり、不安なままに実行したり。


それで失敗するのが土用。


ムカつく自分を鎮めてから選択。
不安な要素を減らしてから行動。


それでスピードが遅くなったり、勢いが緩んでしまったりしても、
運には悪影響、なしです。


焦っちゃいけない所で焦りたくなるのが土用。
怒っちゃいけない時に怒りたくなるのが土用。


そんな時こそ『ああ、今、土用だった』と思い出し、
自分も他人も責めず、穏やかになれるのを待ってリスタートできると良いと思います。


それでは☆