運の鑑定方法には大きく分けて3つの種類があります。


1.暦系:時系列の流れの中から因果を探す(運勢やバイオリズムなど)
2.相系:その場の状況を判断する(手相や地相など)
3.シンクロ系:たまたま偶然に見えて実は必然(タロットや花びら占いなど)


神社仏閣で利用する『御神籤(おみくじ)』は、
3のシンクロ系に分類される、歴史も古い立派な運気鑑定方法。


おみくじそのものは、工場で生産される単なる印刷物です。


けれど、聖域において、そのタイミングに、
意図せず見せられる偶然の必然には、意味があると思います。


おみくじとは言っても色々な情報が掲載されている中で、
『大吉』『凶』などの評価は、
消費者向けのエンターテインメントだと思います。


大吉だから幸せが勝手に向こうからやってきて、
凶だから不幸になる悪運を避けられない、なんてことは、
どう考えてもあり得ません。


おみくじとは、人の未来を定め限定するものではなく、
どう過ごすべきかを暗示するヒントなので。


ちなみに。


おみくじの吉凶の順番は、色々な表現方法がある中で、一般的には、


大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>小凶>大凶


という順番だそうですね。


末吉より吉のが縁起が良いとは、僕もずっと勘違いしていました。


引くおみくじの種類によっては、


・半吉
・末小吉
・半凶
・平(へい)
・大大吉
・吉凶未分


など、観たことがないようなものまで様々ですが、
どれも共通して言えることですが、おみくじに書かれた吉凶は、
引いた当人の未来の幸運や悪運を約束してくれるものではなく、


『だから、どういう風に過ごすかというと、、、』


へ続く暗示です。


『詳しくはウェブで!』
『正解はCMの後!』
『結論から先に言うと…』


みたいなもので。
本題は別の所にある。


時には『凶』という前フリもあって然るべき。
早とちりしないように気をつけたい所。


吉凶評価以外にも様々なコーナー(カテゴリー)があるのが、おみくじ。


失せものや学業、転居や相場など、様々な分類があり、
それぞれにメッセージが書いてありますが、
あまりに漠然とし過ぎて、参考にしたことや参考になったことは、
個人的には少ないです。


一方…


多くのおみくじに共通して書いてある、
上部の散文詩のようなメッセージに関しては、


『見せられた偶然の必然』


をより強く感じ、記憶に残したり、持って帰ったりして、すごく参考にしています。


僕は、こよみを読んで生活や仕事をするようになって以来、
その時点での自然の流れによっては、
無意識に乗った電車車両の中吊り広告や、
何気なく聴こえてくる車のラジオCMや、
ファミレスで聴こえてきた隣の席の人の会話まで、
人生のヒントにすることがあります。


それを見せられ、聞かされたからには、何かあると思って。


それらの偶然の必然を、より安心して演出するためのツールが、


『お神籤』


というやつなのだと思います。


だから、僕にとってお神籤は、吉か凶かや、
相場や恋愛はどうか、ではなく、


『今回はどんなメッセージを見せられるのだろう?』


と期待しながら引く読み物であり、
そこに書かれた文章をヒントにして、自分なりに、


・仕事はどうか?
・恋愛はどうか?
・投資はどうか?


を考えていくようにしています。


格式あるおみくじの場合、昔の言い回しで書かれていて、
読み解くのに疲れるような場合もありますが、
せっかく引いた偶然の必然なので、一生懸命眺めヒントにしたい所。


今度、神社や仏閣を訪れ、おみくじを引く時は、上記も参考にしてみて下さい。


気付き受け取れるメッセージ、きっとあるはずです。


それでは☆