今日、2月3日は、節分でした。


その節分の意味とは。


1.1月の終わり
2.土用の終わり
3.冬の終わり
4.2012年の終わり
5.これまでの運の終わり


という、複数の区切りを示します。


つまり明日からは、新しい月と新しい季節と、新しい年が始まり、
2013年という新しい運の流れがスタートします。


2012年が自分にとってどういう意味を持つものだったか?


それは、


・協力体制
・自分が属するべき組織
・仲間との繋がり
・守るべきルール
・守護者、後援者、保護者


などをキーワードに探っていくと、
何のための1年間だったか、その必然性が見えてくると考えられます。


僕が改めて振り返ってみた場合、


★(有)西企画内における連携の見直し
★自分が属する家族や会社の価値と理由の再確認
★頼もしく心強く協力してくれるパートナーの確定
★自ら進んで協力したくなるような仲間の再認識
★みんなと一緒に総合力で戦うために必要なルールの見直し
★自分を守り支えてくれる存在の再認識
★自分が守るべきパートナーや仲間や組織の再認識


などを、特に無理せずとも、
自然の流れの中で進めることができたという、
確かな実感が、今、2012年の最終日にあります。


2013年は、どのチームで、どんなパートナーと一緒に、
どういうルールで頑張って行けば良いのか、かなり明確に把握できています。


その安心感は、まだ見ぬ不確かな未来と向き合う上で、
とても強力な後押しとなってくれているように感じます。


もちろん、上手く行ったことばかりではないです。
むしろ、やり残しややり忘れ、失敗や中途半端、
心残りやサボりなどもいっぱいあります。


実際には、数えきれぬそちらのマイナスの分野の方が多い。


でも僕は、今、属しているこの組織の中で、
今、一緒にいるこの仲間達と一緒に、
明日から始まる2013年に乗り込んでいくしかない。


この期に及んで、ああすれば良かった、こちらにすべきだった、
そんな後悔は意味が無いし、今ある全てが、自分が2012年を戦って手に入れた成果。


『問題と困難に溢れた一筋縄ではいかない年』


ということ以外、細かなことは分からない2013年ですが、
ここからは後ろを振り返らず、まず、明日の一歩を。


それが終わったら次の二歩目を。


そうして積み重ねるように進んでいった時、
2013年8月までに、どんな世界が待っているのか。


未来はいつだって楽しみです。
運を意識していれば、不安もあるけれど、嬉しさもワンセット。


時々は弱音を吐きながら、でも自分を見失わないように、
できることを、できるだけやっていきましょう。


それでは☆