2013年1月12日(土)に、
群馬県桐生市の市民文化会館小ホールにて開催した、
毎年恒例の無料講座のレポートを。

01.本日の催物



当日、桐生教室のみなさまから頂いたお花。
今は西企画の玄関で輝いています。

03.素敵なお花



照明やマイクのリハーサル中、ステージから見る客席の景色。
最も気合いが入ってかつ癒される、好きな時間。

02.リハーサル中の客席



本番5分前のステージ。

04.本番5分前



おかげさまの盛況。

05.おかげさまの盛況



この日は、西企画のお客様だけでなく、
昔からの親戚や友達もいっぱいきてくれて。

最終的には、ステージを担当してくれたキュートな女性が、
西欽也の高校からのお友達のご息女ということが判明して。

本拠地である富岡とはまた違う、
生まれ育った街、桐生というありがたさ。

そんな嬉しい気持ちもあってか、予定の時間を大きく超えて、
お話をし過ぎてしまいました。

06.西敏央的暦の活用



『どの会場に何回来てもらっても、毎回楽しんでもらえるように』

と思って、富岡とはまた異なる内容をご紹介したのですが、簡単にまとめると。

◆自分なりのこよみの使い方

他の専門家の方が、どんな時に、
どんな風に暦を使っているのかは全く分かりませんが、
僕は僕のリアルライフにおいて、案外無理なく『こよみ』を利用しています。

その際のポイントとして。

1.方位より、時期の吉凶確認をする時にこよみを開く
2.大安とか仏滅だとかより『甲子の日』を良く調べる
3.凶時期や土用を避けた行動計画を練る
4.まず未来に日付を設定する
5.そこから逆算して考え動く順序を定めていく


という感じ。

吉時期を狙うというよりは、凶時期を避けるという感覚。

また、今日のことを今日決めるというよりは、
3ヵ月後の目標設定から逆算して、今日することが決まってくるという感覚。

そんなフィーリングを何となくでも受け取って頂けたら嬉しいです。


それと、もう1つ、2013きくこよみ(音声CD)の中から。


◆20.頑張るべき時に頑張れない時

自分は頑張らなくて良いから、次の3つだけ意識。

1.頑張れる人に頑張ってもらう。(他人が頑張る機会を奪わない)
2.その頑張っている人の手助けをする。(他人が頑張る気になるサポート)
3.頑張っている人の邪魔をしない。(中途半端な自己主張は迷惑)

特に、2月・5月・8月・11月は、その3つを大切に。



2013年は自分の居場所を手に入れるために、頑張らざるを得ない運勢。
けれどハードな1年間において、どうにも頑張れない時、出てくる。
そんな時は、無理して頑張る必要なし。

上記をヒントに、上手に周囲を頼りにして吉。


そんなお話の後、休み時間を挟んで後半戦は、西欽也の登場。

07.西欽也の出番



この後、藤岡にて18:30から別の講演会があることなど、
全く頭にないような感じで、楽しげにお話をしていました。

つい先週までインフルエンザで寝込んでいたにも関わらず、
相変わらずパワフル、エネルギッシュだと、近くで見ていて思います。

今朝も、高崎で開催される積水ハウスさんのイベントに、
アドバイザーとして出かけていきました。


富岡、桐生と2つの会場を経て、残りは1月26日(土)のみ。
東京都千代田区にて、午前の部と午後の部の2回戦。


僕はやっぱり、どの回も異なるお話をする予定です。
テーマは同じ2013年の運勢であり、こよみの読み方に関して。


早々に満席になってしまった東京での新春開運講座ですが、
当日まで残り2週間となった所で、キャンセルのご連絡が入り始めました。


当日、ご都合がまだ空いていらっしゃる方は、
是非、キャンセル待ちのご予約を。


2013カレンダーのカスタマイズをする、
スペシャル講座も、引き続きお申込み受付中。


そちらは、講座ではなく、むしろ教材としてのシールがとにかくお勧め。
お水取りの時間シールは、カレンダーだけでなく、
2013こよみや、愛用のスケジュール帳に貼付けてもらっても楽しそう。


詳細とお申込みはこちらから。


◆新春開運講座2013@東京【満員御礼】
◆新春スペシャル講座2013@東京


スタッフ一同、万全の準備を整えてお待ちしています。


それでは☆