九星学カテゴリ

職業柄、人を見る際に、
九星学を意識してしまうことがあります。


わざわざ生年月日を聞き出すような、
詮索はしませんが。


生まれ年や年齢ってプライバシーだし。


でも、縁あって相手の九星を知ると、


『ほう、いかにも一白水星、典型例』
『おぉ、さすが二黒土星、良くも悪くも』
『それでこそ、三碧木星、教科書通り』


と自分の中で妄想を楽しみます。


星を知って腑に落とす

九星を意識した妄想は、
偏見とは少し違います。


見ても聞いてもいないことを、
勝手に想像して決めつけるのではなく、


★見せられた特色
★実際の言動
★具体的な印象


などを踏まえて、
自分の中で落とし所を探して行く感覚。


『らしいなあ』


と勝手に納得して、腑に落とします。


それは生まれた年で決まる、
本命星(ほんめいせい)だけではなく、
月命星(げつめいせい)を知って気付くことや、
日命星(にちめいせい)で理解すること、
時には生まれた時間で決まる、
時命星(ときめいせい)で発見する何かもあり。


その全てをblogでご紹介するのは難しいので、
例えば、本命星をベースに考えた場合。


一白水星・四緑木星・七赤金星のらしさ

何だかんだ言って自分好き。


“何だかんだ言って”


という部分がポイント。


良くも悪くも自分軸。


クセが強いんじゃ。


いい意味で。


二黒土星・五黄土星・八白土星のらしさ

これが私の生きる道。


そんなマイウェイを持っている。


自分のやり方は曲げられない。


そうなんですよね知ってます。


自分には自分の生き方がある。


正しいとか間違っているとかじゃなく。


三碧木星・六白金星・九紫火星のらしさ

いつでも何でもお見通し(のつもり)。


1を聞けば10が分かる(のつもり)。


ちゃんと色々と考えてる(のつもり)。


でも、よくよく確かめると根拠は感覚。


フィーリング・インスピレーションが判断基準。


表も裏もまとめて“らしさ”

基本的に、個性とは、
表と裏がワンセット。


表があるから裏があり、
裏があるから表がある。


そう考えると。


人が人を眺めるとき、
短所や長所という考え方は、
あまり正確ではないような気がします。


良いも悪いも含めて一白水星。
全部引っ括めて二黒土星。
まるごとワンセットで三碧木星。


『らしさ』


と受け止めていくと、
その先に、本来の星の輝きであり、
奥深い当人の魅力が見えてくる。


と思います。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。


★ゆうきこよみ2021のご注文はこちら

ゆうきこよみ2021は1,200円。

(別途消費税+送料)

メールでのご注文を承ります。

※卓上calendar2021は完売しました。

ゆうきこよみ2021メールオーダー


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法