今回のブログは、何年か前にエントリ−した際、
賛否両論、様々なご意見をいただいた問題作の再投稿です。


今の自分の感覚で書き直し、改めてご提案いたします。


悪との遭遇

例えば駅のホームやエスカレーター。
例えばお買い物先のスーパーマーケット。
あとは車の運転中や歩道を歩いているとき。


そういう所で、信じられないようなムカつく他人の所行に遭遇したとして。


『テメーがそう来るなら、こっちもやっちゃうよバカヤロウ』


などと、同じ土俵で戦おうとするのは、
ムカつく相手に自分の幸運を分け与えることになるから損。


やられる一方のみじめな自分や傷ついたプライドを不憫に思い、
反撃の1つや2つ当然と感じる心はごもっともですが、
仮に自分に正義があったとしても、喧嘩と復讐は凶。


信じられないほどムカつくバカは、
その道のプロであり非常識な戦いに長けているので、
ただでさえ、かなりのエネルギーを消耗する上に、
相手に有利な勝負をすることになってしまいます。


よほど大勢の後押しや援護を得るとか、
十分な心・体・魂の余力を持つとかでない限り、
失うものの方が大きいです。


基本的には逃げるが勝ち。


常識が通じない人に常識で戦おうとしない。
悪人に対して、悪で上回ろうとしない。
どんな正論も、屁理屈の前では無力。


それでもなお、何らかの得が期待できるなら、戦いましょう。
ただし、得があっても損の方が多いならば、やっぱり逃げるが勝ち。


喧嘩と復讐の運

それが復讐や仕返しだった場合。


『人を呪わば穴二つ』


という言葉がありまして。


もしも誰かを呪い殺そうと思ったら、
相手と自分、2つの墓穴を掘ってからにしろ。


相手を確実に仕留めたいなら、まず自分の命を捨てる必要がある。
その覚悟がないなら止めろ、というような意味。


呪うほどムカつく相手のせいで自分まで傷つくのは、
それこそ何よりムカつくことだから、自制が必要です。


陰陽の法則による仕返し

誰かから不愉快にさせられるということは、
自分のムカつきと引き換えに相手から幸運を得ているということだし、
相手は幸運を手離して自分から悪運を得ているということになります。


それが陰陽の法則です。

陰陽

だから実は、ムカついたその時点で、
お互い無意識の内に、既に運の仕返しは済んでいます。


下がる相手の運気に付き合って、
自分まで一緒に堕ちていく必要はありません。


あと残るのはハート(感情や納得感)の問題だけ。


ムカつく相手がニコニコ笑って反省せぬまま非常識を押し通し、
この世の春を謳歌していたとしたら、
そんなことが許される世間を呪ってしまうし、
怒りや悲しみは増幅されて行き場を探すことになるでしょう。


でもそれは、自分の目にそう映っているだけで。


目視できない裏の世界においては陰陽の法則が強制的に働き、
放っておいてもその人は不幸まっしぐらです。


とは言え。


明らかな犯罪や被害は、警察に通報し被害届を出して吉。
法的に問題がある場合は、裁判所に判断を委ねて吉。
正しく認められた自分の権利は、胸を張って主張して吉。


最低限の秩序を保つための言動は、運を損なわないので問題なし。


でも、そんな特別な事情がない限りは、安心して放置して吉。


運を損なわぬ理想的な復讐

最も望ましい復讐とは、未来において、
自分自身が圧倒的に幸福かつ幸運になること。


そのために、歯を食いしばって我慢し、努力し、
ムカつきを跳ね返して頑張ることができたならば、
そこでの疲労は不毛な消耗とはなりません。


誰も傷つけず、何より自分の運を損なわずにできる戦い方です。


そうして素敵な運や縁に囲まれた状態で、
過去、喧嘩を売ってきた相手に対し、


『ごきげんよう、おほほ』


と、にっこり笑って挨拶することができたら、
人生はとても清らかにアップデートされるはずです。


とても難しい道のりかもしれませんが、
挑戦する価値は大いにあると思います。


自分なりの戦い方

・会社でのパワハラ上司
・家庭でのモラハラ家族
・学校でのモンスターペアレント
・職場でのモンスターカスタマー
・地域での非常識な隣人


どれも典型的な敵であり、明らかな悪。


僕自身、そんな悪の権化から攻撃されると、


・相手ばかり良い思いをしているように感じる。
・自分ばかり我慢している気分になる。
・対等に戦えない自分が弱くてだらしないと嫌になる。
・その場では何も言えないしできない自分がもどかしい。
・そのくせ後になると言うべきだった文句が思い浮かんで腹が立つ。


などで、心底落ち込みます。


でも。


僕を敵に回した相手が一番損していると思うのです。
また、僕を敵に回したことを損したと相手に後悔させたいと思うのです。


僕が喧嘩をするならば、より醜い暴力で相手をねじ伏せるのではなく、
僕を敵に回すこと自体が、相手に取って大きな損失となるような、
そういう戦い方が格好良いなと思います。


誰かを損なってしまうことで受ける、
自分自身の運の傷は、計り知れないダメージがあります。


けれど、敵にとってさえ有用で、有能で、頼もしく、役に立つ、
そんな僕との対立を選ぶことにより、僕との縁を遠ざけ、
相手が勝手に損して傷つく分には、ノーリスクです。


そのためには、いかに自分が素敵であるかが重要になってきます。
良い自分である程に、相手のダメージは大きくなるわけです。


それって今より何百倍もの魅力が必要になるのでしょうが、
目指すべき理想の到達点としては上等かな、と思います。


だから、その場の反撃で今すぐスカッとすることに逃げるのではなく、
未来のラッキーで対抗するように心がけていきたいです。


それでは☆


お知らせ
★新春開運講座2016DVD&CD・MP3

2016年の新春開運講座の内容を、
映像と音声でまるっとお届けします。

1年間通してヒントにしていただける情報満載。

の詳細は、上記のリンクから☆

★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年上半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円

おかげさまで、どちらも残りわずかです☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆