おはようございます。


今日の8時50分頃から、季節の変わり目、土用シーズンに突入。


土用の丑の日は10月31日(水)。


鰻にこだわらず、旬の食材でエネルギー補給を。


今なら栗や林檎、鮭や秋刀魚、キノコやイモ類など。


個人的にオススメなのは『新蕎麦』と『新米』。


土用中とは言え、年月日の九気が重なるタイミングは重要。


・10月21日(日)
・10月30日(火)


残念ながら、どちらの日も、僕は仕事です。


けれど、早めに仕事を片付けて、夜にイベントを入れたり、近場の温泉へ出かけたりしています。


(仕事が終われば、の話ですが)


土用中であっても吉方位には行った方が良い、と僕は考えます。


(お水取りは控えた方が無難とします)


その際、21日と30日は良いチャンスになると思います。


10月30日(火)に関しては、満月でもあり、甲子でもあります。


満月:感性が高まり好奇心が動く
甲子:ここから始めたことは良い流れを持つ


その上、六白金気が重なる時ということを考えると、、、


土用中と言えど、上手に活用したい大切な機会。


以前にも個人的な予測としてご紹介しましたが、今日から更に運が動くと思います。


政治も経済も個人も組織も、見えるものも見えないものも、激動する。


自分にその気がなくても、周囲の運が動けば、エネルギーは消耗します。


大げさな話、何もしなくても疲れる。


『だから、土用中は、大人しく過ごしましょうよ、無理せずに』


それがいつものスタイル。


けれど…


今回の土用は、大人しく過ごしてスルーするわけにはいかない正念場。


土用だろうが不安定だろうが疲れようが、歯ぁ食いしばって頑張りたい勝負所。


100点を狙うのは難しいだろうから、目的をしっかり定め、そこを中心に張り切る。


自分1人で足りない部分は、周囲の理解と協力を得てカバー。


土用だからこそ、頑張り、土用だからこそ、協力。


ここを乗り切った先には未来がある。


今回も、怪我や事故や故障や事件や衝突があると思うし、メンタル面でのストレスは大きいはず。


それでもなお、頑張るべき。


そんな時こそ、味方となってくれる協力者の存在が不可欠。


個人の力を過信しないように注意しながら、何をするにもみんなとの和を意識して吉。


それでは、行ってきます、行ってらっしゃい☆



▼2013こよみ完成

 来年度版の運勢手帳とカレンダーがようやく完成しました。
 ウェブショップでの販売体制が整うのは、まだ少し先になりますが、
 西企画に直接ご連絡頂ければ、個別にご対応致します。

 nishi☆okigaku.com(☆を@に変えて)にてご注文受付中!

▼2013年の運勢と注意事項@東京

 2013年の予兆が始まる11月という流れを活かし、
 来年を生きる意味を探す2時間の講座です。
 近い将来の目標や目的を模索している全ての方へ。
 
▼こよみよみ@東京

 10月のこよみよみ@東京はお休みで、次回は11月24日(土)開催。
 ご予約受付は10月24日(土)からです。
 一括お申込みをお忘れのゼミ生の方はご確認を!

▼質問専用エントリー4

 運に対する不明点や不安点。
 『西企画ではこう考える』という回答でよろしければ可能です。
 
 ※使用上の注意のご一読を、どうぞよろしくお願い致します。