ハンドメイドによるスローフードな食べ物は、
食材の栄養素+αのエネルギーを与えられ、
なおかつ、素材が持つ運を、消化吸収する力も高めてくれる、と考えられます。


代表的な例が、『お袋の味』。


昔から自分に刻まれた、パーソナルなソウルフードは、
それがミシュランガイドに載ろうが載らなかろうが、
高級素材を利用していようが、いまいが、
そんなことは全く関係なく、人の心と体と魂に、
大きな力を与えてくれます。


お父さんやお母さん、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが、
自分のために一生懸命手作りしてくれた、
想い出の『我が家の味』というのを持っている人は、
ここぞ、という時のエネルギー補給源を、
他の人より多く持っているということだと思います。


例えば、機械仕掛けのセントラルキッチンで作られた工業製品のようなオニギリと、
炊きたての米をアチーアチーと愚痴りながら手で直接握ったオニギリ。


カロリーや栄養素に違いはないだろうし、
品質で言えば、手作りではない方が、より均一で安定的のはず。


けれど、運が違う。
手作りによって込められたプラスαの違い。


理想的なことを言えば…


・有機栽培の手作り野菜
・素材を厳選した手作り調味料
・素朴でナチュラルな手作り食器


上記を組み合わせて作った手作りスローフードを、
よりナチュラルな素敵空間の中で味わうことができたら、
人の運は大きく高まると思います。


けれど…


そこまでしっかりこだわり抜く必要はないと思います。


完全ハンドメイドではなかったとしても、
ほんの少しの一手間だけで、運は変わってくるものです。


例えば…


・スーパーで買ったパックのお刺身
・コンビニで買った唐揚げやコロッケ
・ポテトチップスなどのお菓子


そんな『出来合いのもの』でも、ほんのちょっと盛り付けを工夫してみたり、
自分でつけ合わせを作ってみたり、そうするだけで、運は良くなります。


世間で流行のファストフードも、それはそれで素晴らしいメリットと効能があるとは思います。


けれど…


自分の運のことを考えると、丁寧・じっくり・時間をかけて、
顔の見える素材と、顔の見える調理人で、
ゆったりと味わうハンドメイドのスローフードグルメこそ、
最もオススメの開運レシピだと思います。


それでは☆