占いにおいて『運勢』という言葉を目にすること、しばしばあるでしょう。
その時、その場での運の勢いのこと。


今年には今年の運勢があり、今月には今月の運勢がある。
それを読み解くことによって、運の波に乗れる、というもの。


今年というタイミングにおいて、
去年の運勢や来年の運勢を参考にし、
考え動いたとしても、運は良くなりません。


そして。


それは食べ物でも、全く同じことが言えます。


食の素材にはそれぞれに固有のバイブレーションと運勢があり、
そのエネルギーが最も高まった時に食事として取り入れると、
効果的に栄養素プラスαの運が摂取できる、と考えられます。


そして…


その『バイブレーションと運勢』を読む鍵となるのが、季節ごとにある『旬』と呼ばれるタイミング。


旬の定義ってなかなか難しいらしく、


『ある特定の2週間』


というものがあったり、年中行事に絡められたり、
その土地にある『素材の収穫期(収獲期)』のことを言ったり、
素材の味が最も良くなることを『脂が乗る』などと表現したりして、
紹介されることが一般的には多いと思います。


いずれにしても…


自然というのは偉大なもので、春・夏・秋・冬、
それぞれの季節に収穫されるものは、どういうわけか不思議と、
その季節を過ごすのに最も適したエネルギー補給源となるようです。


◆旬のメリット

1.価格が安い(余計な手間がかかっていない)
2.新鮮(不自然な保存や輸送が不必要)
3.エコ(フードマイレージのコストが低い)
4.美味しい(自分がその味を欲している)
5.栄養価が高い(その時点で最も必要な栄養素を含む)


過度に人工的にならず、より自然な形で、
海や山から届く新鮮な素材は、それこそ、開運エネルギーの宝庫。


冬にナスを食べたり、夏にレンコンを食べたりしても、
個人的な欲求は満たされるかもしれませんが、
それで自然の波に乗れるかというと、難しい。


冬だからこそ、補充したいエネルギーがある。
夏に食べてこそ、力になる運がある。


居酒屋へ行って『とりあえずビールと枝豆』ってのは、
定番の流れなのかもしれませんが、運のことを考えると、
お酒もその肴も、組み合わせをアレンジしていく方が良さそう。


その際、美味しく運を高める秘訣として、『旬』という目安を参考にして運勢up↑


それでは☆