食事と運を切り離して考えることはできません。


それは毎日のことだから。
直接体の中に入れるものだから。
食事こそ最も代表的なエネルギーだから。


『食べる』ということは、つまり、
自分自身では生み出すことのできない力があって、
その力を持ったものが外にあって、
それを選び、自分の中に取り込むことで、
不足するエネルギーを補おう、という生命の営みでしょう。


自分で賄えるものなら、外から取って来る必要なし。
欠かすことができず、かつ、自分にないものを、摂取する。


そのために、方位を用いる場合もあれば、ラッキーアイテムを利用する場合もある。


でも、最も身近なのは、食事。


そして。


特別な席での特別な食事ではなく、毎日の食生活、食習慣というのは、
継続的であるだけに、その良し悪しが大きく人生を左右します。


その時。


和食最強。



『和』の要素をなるべく多く取り入れることで、
日本という島国に暮らす人は、運が良くなると思います。


そこには、春夏秋冬の中を生き抜くエネルギーがぎっしり詰まっています。


例えば…


・パンというよりお米
・コーヒーというより日本茶
・肉より魚
・ソースより醤油
・パスタよりうどん、蕎麦
・伝統的な発酵食品や保存食品
・地元の伝統的郷土料理


という風に。


出汁(だし)で言うなら、確かに、
フォンドボーやコンソメはお洒落そうに見えるし美味しい。
けれど、日常食では、カツオや煮干の方が運は良くなります。


調味料ならば、味噌や醤油、
香辛料や香草ならば、シソや山椒やワサビ。


上記に挙げられるような、


『昔ながらの、日本の歴史に馴染みのある、
伝統的、もしくは古臭い、素朴な、もしくはお洒落でない、
そういう食事が日本人の運を良くする』


と考えられます。


ハンバーガーはダメ!!
お洒落なイタリアンやフレンチは凶!!
日本の人が和食以外を食べると運が悪くなる!!


なんてことを言うつもりは一切全く全然ないので、不安にならず、
以下の文章をもう少し読み進めてみて下さい。


人の心や体、魂や運の仕組みというものは、
一朝一夕で出来るものではなく、
長い年月をかけ、その住環境や気候・自然現象に、
大きな影響を受けながら、少しずつ形作られていきます。


中でも特に反映されるのが、『何を食べて生きているか』です。


寒い国で生きる人は、そこで取れる食べ物を食べ、
その結果、その国で生き抜くための仕様に、
自分自身がなっていきます。


所変わり、暑い国で生きる人は、当然、
その暑い国で採れる食べ物を食べ、
その暑さを生き抜くための心と体・魂を手に入れます。


それって本当に大きな違いで、
伝統や文化、価値観の違いとして現れるだけでなく、
考え方や性質・性格などのメンタル面や、
動き方・体格・瞳や肌の色などのフィジカル面まで、
強く作用し、人としての運を構成すると考えられます。


結果…


欧米の人は、狩猟生活での肉食文化という、
長い歴史の中で、肉を食べて生き抜く器を手に入れました。


一方…


日本の人は、農耕生活での野菜を中心とした生活の中で、
今ある姿形と文化と遺伝を手に入れたわけです。


つまり。


肉が体に悪いわけじゃない。
肉で生き抜く運を日本人が、まだ、持っていない、
ということが重要だし本質。


敗戦後、欧米の文化がブワッと流れ込んできてから、
まだ100年も経っていません。


あと200年もすれば、日本人は、伝統的な和食以外の、
新しい食生活を手に入れて、その過程で新しい器を手に入れるはず。


でも、今はまだ、和食こそが、
自分の心と体と魂にピッタリくる、
消化吸収の良いエネルギー補給の手段だと思います。


日本で暮らす自分が、より良く食から運を吸収しようと思ったら、
食器も、食材も、調理方法も、調味料も、
それを食べるシュチュエーションも、食事の作法も、
今より少しだけ『和』の要素を意識して運勢up↑


健康的で規則正しい『和風』な生活は、
医学的にも常識的にも素晴らしいのでしょうが、
それより何より、人の運にも良く作用すると考えられます。


とりわけ、日本人らしい伝統的な『和の食卓』は、
僕達のエネルギーを根底から支えて高めてくれるはずです。


とは言え僕自身…


ハンバーガーもドーナツも、
焼き肉もラーメンもフライドチキンも、
時々、無性に食べたくなるなる。


確かに『日本の食文化』を参考にしたメニュー選択こそが理想のライフスタイル。


けれど食べたいものを我慢してまで日本食にこだわってしまうのは逆効果。


食べたいものを適度に食べながら、ベースは日本食にある、という人は、
きっと運のバランスが良いはず。
まずはそこが目標です。


上記は、特別な日、特別な席、特別な機会の、
特別な食事のことまで含めるものではありません。


あくまで、毎日の、日常的で、継続的な、
食生活、食習慣の中に、和の要素を取り入れること。


それが幸運の秘訣だと思います。


それでは☆