FAQ

西企画における理想の行動計画として。


『吉時期・吉方位であること』


が、とても大切な条件です。


けれど、世の中は理想通りにいかないことの方が多くて。
そんなやむを得ない状況において、しばしばいただくご質問があります。


Q.時期と方位、選ぶならどっち?

何をするにしても、時期と方位の、
どちらも吉であることが理想なのは前提として。


吉時期と吉方位、どちらかを選ぶしかない場合、
(どちらかを優先すると、どちらかは凶となってしまう場合)
どちらを優先するのが良い?


A.時期優先の方がその後の流れを整えやすいです

1.良くない時期に吉方位へ移動
2.良い時期に凶方位へ移動


上記の2つを比べた場合には、僕なら『2』の方を選びます。


時期を優先し、方位は妥協した方が、現実的な無理は少ないです。


また、方位は凶であったとしても対処が楽です。


例えば転居の際は、様々な要素や個人的な都合も考え併せながら、


1.吉時期・吉方位(理想)
2.吉時期・凶方位(方位の対処前提)
3.凶時期・吉方位(時期の対処前提)
4.凶時期・凶方位(時期と方位の対処前提)


の順で妥協していきます。


方位の対処とは、吉方位に行くこと。
決断・実行の前後に吉方位を利用する計画を立てることで、
凶方位の悪影響によるトラブルを最小限に抑えられると考えます。


時期が凶だった場合の対処ですが、


転職:作業着やスーツ、名刺、カバンなど、仕事道具の新調
転居:模様替えや家具の購入、表札の設置
建築:地鎮祭・上棟式・リフォーム


上記等を、自分にとって吉時期に行うことができると、
軌道修正の良い対処になると思います。


人生における全ての行為において、
常に理想のベストを選択し続けることは本当に難しいです。


そこにこだわることで無理が生じるならば、
時期と方位が吉でも、他が凶となる恐れもあります。


運の知識を暮らしに取り入れようと思ったら、
対処を前提とした妥協は、欠かすことのできない要素です。


その際、時期と方位なら、方位で妥協して吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年下半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆