6月も後半。


いよいよ7月に向けた運が、
モゾモゾと、もしくはフツフツと、
動き出している気配を感じます。


こよみから自然の流れを読み解く限りでは、
7月6日まで、こういう感覚が続くのでしょうきっと。


『助走の6月』という意識を持って、
人と接したり新聞を読んだり仕事をしたりすることで、
『じゃあ実際7月にはどんな運が動くのか』という雰囲気を、
何となくイメージできるようになると思います。


2012年7月は、運が動く繁忙期。
7月7日から8月6日の期間は、
今年の運を象徴するような出来事が起こると予測します。


そこへ向かって、僕達は今、この6月というタイミングで、
動き出しの前の『決意』みたいなものを、
自分の内側に求められています。運勢として。


しっかり考えをめぐらせ、自分の意思や意見をまとめ、
心を定める作業をするのに、今はちょうど良い頃合い。


そんな自分の考えを、みんなが知りたがる運勢でもあります。


『自分の考えなんだから、みんなは関係ない』


とか言ってると、本当は必要な情報共有の機会をなくし、孤立が深まるので注意。
誰が何を考えているか知ることは、みんなにとっての共通の課題。


『どうせ分かってもらえないし』
『みんな言っても聞かないし』
『せっかく勇気を出しても、馬鹿にされるし』
『否定されたり批判されたりするのは目に見えてるし』
『反対されるくらいなら言わない方が楽だし』


なんて気持ちがチャンスを削る恐れあり。
自分にとっても、周囲の協力者にとっても。


『まな板の上の鯉』ではないけれど、
それまで自分の身の内のみにあって隠されていたアイデアやイメージを、
会議や話し合いの舞台に出し、日の目を見せてあげてみる。


代案もなく否定したり、上から目線でバカにするやつらのことなんて気にしない。


出す過程や出した実績が、自分の運の糧となる。


そして、勇気を持って出した家族や仲間や同僚の意見を、
自分の考えとは違うからと、簡単に否定・批判・訂正したりも、しない。


それをやっちゃあ、自分自身で、自分のチャンスを潰すことになるので気をつけて。


アイデアをシェアする際に。


自分の感覚やセンス、アイデアに自信が持てず不安になってしまう。
もしも、そんな時がやってきたら。


結果の予測や採算の計算、世間体を気にする前に、


『そもそもの始まりのきっかけ』


を確認。


忘れているなら思い出し、薄れているなら取り戻して吉。


最後に。


7月、何としても1つ、何か成すとしたら、何を選ぶか?


『7月、あっという間に過ぎちゃったけど、これだけは確かに済ませることができた』


というものを、学び、交際、仕事の中に、見つけ出せるようにすることが、
2012年の運に強く関わってくると思います。


7月に入ると、10月という今年のピークポイントへ向けて、
強い流れが動き出すと思います。
そして多くの人が、そこに巻き込まれる。


自分で自分の運をデザインするためには、
ある意味、10月以上に、これから迎える7月が大切。


その7月を実りある1ヵ月にするためには、
今、ここからの助走が改めて大切。


7月6日までのウォーミングアップとして。


上記に挙げたいくつかのこと、ヒントに過ごしてみて下さい。


それでは☆



▼こよみよみ@東京

 7月28日(土)のお申込みの受付がスタート! 6/28
 定員まで残り9席となります。 6/28
 おかげさまで、定員まで残り3席となりました! 6/29

▼墓地の選定と墓石の建立@東京

 2012年7月14日(土)15:30から、
 お墓の運の講座をします。
 先祖供養は2012年にみんなが向き合う課題。
 みんなにとって、いつか役立つ情報として、是非。

▼運を学ぶための超基礎知識講座

 運の知識や鑑定の技術を学ぶ前に、興味を持って触れるさらにその前に
 知っておいた方が良いこと、誤解を解いておいた方が良いこと、
 『運』という不確かな世界だからこそ、いっぱいあると思います。

【質問専用エントリー3】

 使用上の注意をご一読の上、気楽にご質問を。
 
 過去の記事にヒントがないか探す際は、
 本文の右側、contents☆の下にある、
 『keyword検索☆』もご利用ください。