2012年6月20日(水)の19:30から、
東京都千代田区にて開催した講座のレポートを。


この日のテーマは『超基礎知識』です。

01.超基礎知識講座




僕は、運の知識を、初級・中級・上級という名目で、
難易度的なもので分別してご紹介をしたことは、
これまでに1度もありません。


知識をご紹介する順序にはこだわりますが、
初級者お断りとか、上級者限定とか、そういうのはスタイルではないです。


難しかろうが何だろうが、必要であれば最初にご紹介するし、
簡単だろうが何だろうが、必要であれば最後にご紹介します。


そもそも複雑難解な知識を分かりやすく紹介するのが伝え手の腕っぷしだし、
初歩的で簡単な知識を、より楽しく面白く紹介するのが伝え手のセンスでしょう。


そういう意味で今回の超基礎知識講座とは、
基礎よりもっと簡単で単純な、
初歩的マナー講座みたいなものをイメージしているとしたら、
ちょっと違うことになるはずです。


運と接する前段階で必要になる、
何なら運のロジックより大切になる知識であり、
そこには、“上級者”さえ意識したことがなかったような、
マニアックな知識もチラホラ出てくるのではないかと思います。


内容は、前回同様、A5用紙2枚にビッシリと。

02.A4用紙2枚にビッシリのレジュメ



そして、どんな鑑定ロジックにも役立つはずの、
陰陽五行思想の仕組みもザックリと。

03.前回同様、全ての基礎たる陰陽五行



ここまでは、前回の昼の部と、ほぼ同様。

今回、特に意識し重点的にご紹介をしたのが、
この世界にあるあらゆる占い学の、選び方。

04.今回、力を入れた鑑定法3種



・奇門遁甲
・四柱推命
・紫微斗数
・姓名判断
・数秘術
・算命学
・手相
・顔相
・家相
・タロット
・易学
・ホロスコープ
・気学
・風水


などなど、挙げ出したらキリがないほど、
僕達の周囲には、様々な運の鑑定ロジックがあるでしょう。


その中で、どういう時に、どういうものを選べば良いのか?


今、自分が知りたいと思っている運は、
どのロジックを学べば鑑定できるようになるのか?


今、自分に必要なのはどれなのか?


それ、知っていますか?
それを意識して、自分の運と向き合っていますか?
それを踏まえて、専門家を選んでいますか?


『どれを選んでも同じ』


ということは、ないです。
全ての運に通ずる万能の鑑定方法って、ないです。


複数のロジックを組み合わせ、使い分けて、
幅広い分野の運を鑑定することができる専門家の方はいらっしゃいます。
けれど、それでも向き不向きや、得意不得意は出てきます。


ましてや、それを自分が学ぼうとする際は、
ロジックごとに異なるメリットとデメリットを、
しっかり把握した上で、本を読んだり、講座を受けたりする必要があるはずです。


ということを、講座の3分の1の時間を割いてご紹介しました。


超基礎知識編は、この後、《2》があります。


詳細はこちらのリンクから。


運に興味がある全ての人に、
1度だけ受けてみて欲しい講座です。


それでは☆