・大切な書類や契約書への署名
・冠婚葬祭における受付での記名
・ご祝儀袋などへの表書きや氏名の記入


上記はいずれも、運に関わる大切な作業です。


そこで、


・読めないような汚い字を書く
・本来とは異なる嘘の情報を書く
・ミスにより字を間違って書く


などをしてしまうと、運は乱れ未来は曇ります。


だから署名の際は、間違いのないように、正しい文字を、
ゆっくり丁寧に慎重に署名して吉。


署名の際、意識したいのは以下の3つ。

▼運の良い署名の仕方

1.戸籍にある正式な氏名を記入する(本名を確認しておく)
2.しっかりした筆記用具で濃くはっきりと記入する(良いペンを使う)
3.用意された枠の内側に大きく書く(あまりにはみ出し過ぎるのはダメ)


そうすると、運が良くなります。


それぞれの詳細をご紹介すると、以下の通りです。


1.戸籍にある正式な氏名を記入する

戸籍とは異なる文字で署名するのは、運が悪いです。


幸運と良縁が離れていきます。


苗字も名前も、共に正しい漢字や平仮名で書くのが吉。


例えば僕だったら、カード決済でサインを求められた場合も、
略字による適当な署名はお勧めいたしません。


芸名(仕事名)や、親しい間柄の中でのあだ名(呼び名)、
アイコンとしてのデザインされたサインの場合、話は別です。


必要性に応じて、本名以外のサインを記して吉。


けれど、特に芸名があるわけではなく、
身内間でのやり取りでもなく、
また、人気者としてサインを求められたわけでもないなら、
名前は正しい姓名を、ど真ん中に大きく書き込んで吉。


2.しっかりした筆記用具で濃くはっきりと記入する

あとで消して書き換えてしまうことができるような、
鉛筆やシャーペンで署名をする方はいないと思いますが、
例えば薄過ぎる文字や細過ぎる文字は良くないです。


ちゃんとインクの出る油性ペンを用いて、
ある程度の筆圧をかけて署名して吉。


これが習字の作品や、デザインされたサインならば、
かすれや省略やデフォルメがある方が、
芸術的に、またエンタメ的に面白みがあるのでしょうが、
署名とは個の証明であり、文字に運を宿す行為なので、
特に美しさや楽しさは求められません。


中途半端に格好付けようとすることで、
運を落としてしまうことさえあるかもしれません。


芸術や遊び心は別の場面で取り入れることにし、
署名の際は、誠実に分かりやすい氏名を書いて吉。


3.用意された枠の内側に大きく書く

どんな署名も、そこには必ず、


・この場所に記入を!
・これくらいの範囲で記入を!
・この枠内に記入を!


という感じで、予め書くべき場所が定められているものです。


その枠を無視して、小さく、はじっこに署名をするのでは、
残念ながら、未来の運は小さく、またはじっこになってしまいます。


あまりに豪快過ぎて、大きく所定の位置をはみ出してしまうのは、
それはそれで問題があるので気を付けた方が良いです。


けれどそれでも、小さくはじっこ過ぎるのよりは、まだマシです。


理想なのは、定められた枠の内側いっぱいに、
丁寧に署名をすることです。


定期的な見直しと修正を

字の書き方も、署名の仕方も、
現代のハイテク主流な時代の中では、
昔ほどの機会がなく、練習する必要性も薄れ、
多くの方が不得意になる一方だと思います。


僕自身、どんどん漢字は忘れていっているし、
あんなに膨らんでいたペンだこも、
今はほとんどありません。


ましてや毛筆ということになれば、
恥ずかしくて筆を持つことさえためらいます。


だからこそ、自分の字を定期的に見直し、
ときどき修正、調整することができると、
人は日常の中で、特別な儀式を用いること無く、
ナチュラルに運が整ってきます。


そういうわけで、文字の中でも特に、
署名のための、自分の氏名というのは、
少し練習してみる価値はあるのではないかと思います。


それでは☆


お知らせ
★新春開運講座2016DVD&CD・MP3

2016年の新春開運講座の内容を、
映像と音声でまるっとお届けします。

1年間通してヒントにしていただける情報満載。

の詳細は、上記のリンクから☆

★こよみよみ@千代田

毎月第4土曜日に千代田にて開催している無料講座です。
こよみの読み方をご紹介しています。

2016年上半期のスケジュールは上記のリンクから☆

★こよみよみ+PLUS

第4土曜日のこよみよみの後の有料講座です。
自分の運を自分で決めるために必要な、+αの知識をご紹介します。

大切な未来は、誰にも預けず自分でデザインして吉☆

★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

・2016こよみ 1,080円
・2016カレンダー 864円

おかげさまで、どちらも残りわずかです☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

《西企画の日常:ちゃんと挽いたコーヒー》

先日、久しぶりにスプーンを作りに出かけた木工工房にて、
先生に挽きたてのコーヒーを淹れていただきました。

挽きたて淹れたて

専門的な道具に囲まれた工房の中で、
丁寧なコーヒーを飲む、という状況だけでもう酔えるのですが、
挽いたそばから漂うアロマがとても素敵で、
飲む前から美味しかったです。

面倒な手間だと省略せず、ちゃんと手順を踏むこと、
やっぱり大切だなと再確認しました。